愛用の優れもの!

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 

以前に、優れものでマメチョキをご紹介しましたが、これも!
これは、チェコのガラス製品ですが。。。
数年前の横浜公演の合間に、みんなで元町をぶらぶらしていて発見!
結局、みんなで色違いのお揃いで購入し、また、お返しグッズ用に
ストックも結構な量を購入しました。ガラスのヤスリです
2017040622121659d.jpeg
すでに、いくつかお嫁入りしていますし、公演先の控え室とか、慌ただしい身支度
のどさくさで、紛失したりもするので、ストックは必要です。

好きな色がかぶっている人もいますが、私は自宅に置いているので
楽屋などで、入れ替わる恐れもないので、ま、いっか!

スポンサーサイト

出光佐三語録



今年は、こんなクリスマスプレゼントを貰いました。
もちろん、メインと一緒に、ですけど。
私が、かなり「海賊とよばれた男」に興奮していた
からでしょうか。。
いえ、既に購入してあるのを忘れて重複したから、、
と遠慮しないように言い訳つきでした(笑)

とにかく、出光氏の真似はできないにしても
何らかのヒントにはなるかも。。。



★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 

海賊とよばれた男 観てきた!

海賊とよばれた男

とにかく、文句なしに良かったです。

先日、観た「聖の青春」みたいに泣くシーンはあまりないよね、、って
感動しても、ティッシュのお世話にはならないだろうと思っていたら
こちらの方が涙量と涙が頬をつたう時間がはるかに多し!!

オープニングの情景描写だけで、まずは、泣いた・・・
あの大作を時間内に、しかもわかりやすく、収納してしまった脚本力
も、役者も何もかも、近年観た映画の中でダントツ良かったです。

余韻が尾を引く、引く。

ぜひ、ご覧アレ!

*12月のコンサートリポートが後回しで申し訳ないですけど
これ、絶対、いい!!


★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 

ミニハサミ「まめチョキ」おすすめネタに昇格!

日本製 優れもの

先日のリポートでも話題に出しましたが、、、、

竹中半兵衛や白洲次郎のお墓参りの目的と平行してメインの目的
だった「兵庫県三木市」にある山陽自動車道の三木サービスエリアの
刃物コーナーだけで販売している貴重品、まめチョキ。
ずっとお誕生日やクリスマスを個人的にプレゼントをもらいっぱなしで、
お返しができてなかった方々にやっと返礼がほぼ完了!
20160607234624c34.jpeg   FullSizeRender.jpg
20160608005313cf1.jpeg  201606141445513e7.jpeg
利き手に関係なく使えるし、携帯にもとっても便利、しかも刃先は刃物が
名産の三木市の刃先、しかも、スライドで格納!?できるので、安全
ちょうどみなさんの手元に届く頃のようで、「左利きでも使いやすい!」など
即、喜びの声が続々入ってきています。あっという間に、残りがこれだけに・・・
この二つも嫁入り先は決まってるしぃ~、私と違って(^0^;)
ということで、みんなから大好評の「まめチョキ」を「おすすめネタ」に昇格!
通販では出ていないので、例のサービスエリアまで行かないと、、、
次はいつ、行けるかなぁ~。


★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 

映画「ラスト・タンゴ」この夏ロードショー!!

 映画「ラスト・タンゴ」によせて

タンゴ、それは愛、情熱、官能の世界・・・なんと甘ったれた言葉。
「タンゴの虜」になり、過酷な運命を背負った人は数知れない。
世界にその名を轟かせた伝説のタンゴダンサー、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペス。
誰もが憧れる成功の美酒は、彼らにとって比類なき苦悩の味だった。
人生をその手で操舵してきたはずの男は80歳を過ぎた今も彷徨い続けている。
一方、自我を押し殺し続けた女は80歳になった今、こう言った。
「Soy Maria Nieves(私はマリア・ニエベスよ)」
マリアが人生に勝利し、「タンゴ」が『彼女の虜』となった瞬間である。

尊敬の念に基づいた「憎しみ」は、こんなにも人を強くさせるのか・・・
女性たちよ、マリアの生き方から学べ!
男性たちよ、四の五の言わずにしかと見よ!

タンゴアンサンブル「アストロリコ」
バイオリニスト 麻場利華


公式サイトに動画予告もあります!

ラスト・タンゴ
スクリーンショット


★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★