イギリス紀行~その7

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★



突然ですが、一気に完結編!
案の定、予想通りの展開となりm(_ _)m



4月4日(月)~8日(金)
4日(月)初めて訪れるコンゥオール地方へ。
その出発を待つロンドンのパディントン駅で、びっくり仰天。
姪の友人で日本にも留学していたイギリス人女性エラちゃんとバッタリ!
彼女は、カーディフという遠い街からこの日ロンドンに就職面接のために
来たが、時間的にはどう考えても入れ違いで会えないねって諦めていたので
具体的な時間の連絡など、取っていなかった。あの広いパディントン駅で
朝食を取っていたら、乗り換えのために駅構内を移動しているエラちゃん
と友姫胡が遠い視線でバチバチっと!待ち合わせしても会えない時も
あるのに、こんなことってあるんですね。
2011-4-4パディントン駅でエラちゃんと2

コンウォール地方のペイリンという町のB&Bに宿泊。とても快適な日々を
過ごさせていただきました。清潔だし、宿の女将さんも素敵な方だし、
周囲は本当に美しいイギリスの自然を感じる環境。ただ、レストランや
スーパーなど、どこに行くにもその都度タクシーを手配しないと動けない
のが、不便なところですが、そのタクシーもみんなキチンとしていて、
本当に気持ちよく過ごさせてもらえました!
2011-4-5コンウォールBB、麻場 B&Bの入り口。▲になっている2階に宿泊。

2011-4-6BBの入り口1 ←門にいた「やる気無し」の魔よけ。→ 2011-4-6BBの入り口2
この二人の魔よけには、かなり癒された(爆)

2011-4-6コンウォール・ペンリンの小川 散歩コースの小川
夜は11時過ぎて夜中まで、フクロウが鳴くんです。ほんまに「ホッホ~」って
これがまた、かわいい鳴き声なんですよ。家に近づいたり、離れたりして動いているのが
鳴き声でわかるんです。毎晩、来ていました。何の音もしない、静かな真っ暗闇の自然の中
という感じのところで、唯一フクロウくんの泣き声だけが聞こえます。


2011-4-6フォーマス港 タクシーで行く近くの街フォルマスの港
2011-4-6フォーマスの喫茶店1 フォルマスの喫茶店で昼食、美味しかった!
窓からは、写真の港が見える素晴らしい雰囲気でした。
222802_10150275661059966_513719965_9479258_5567050_n.jpg お店の人(親子?)ドラマに出てきそうなキャラでした

2011-4-6フォーマス町中3 フォルマスの繁華街でこの感じ!
でもライブハウスはある!しかも名前が何故か・・・

2011-4-4フォーマスのライブハウス

と、すてきなイギリス・コンゥオールの風情を満喫しながら、メインの学会。
世界的に権威のある民族音楽学の学会で、ここで発表の場を持つために有名な学者の
方でも論文提出して審査を受けないと出番をもらえないらしい、ということが後に
なってわかりました。そんなスッゲー場面に、、、
先に聞いていたら心臓が止まっていたわ・・・(汗)
↓友姫胡の発表スピーチのあとの演奏本番。
学会ブログ用
学会ブログ用2 門奈さん入魂のソロ「チェ・バンドネオン」に涙する学者さんも!

学会のあと、夜には同じ学会の会場でコンサートをしました。みんな楽しそうに聞いて
くださいました。が、ノリは、日本とイギリスって似ている印象を受けました。今回、
日本との共通点をたくさん感じた旅でもありました。

駆け足でいきなり完結編でお騒がせしておりますが、私のお気に入りの場所の写真を!

2011-4-6フォーマスの城 ←ヘンリー8世が作ったと言われる城塞(丘の上)
残念なことに時間切れで中に入れませんでした。
↓その近くの岬に突き出た見晴らし城塞?
2011-4-6フォーマスの城塞3 下部に撮影中の私の影が・・・!


学会が終了すると、その夜のうちにタクシーでヒースロー空港に向かいました。
日本でのスケジュールの都合で、帰路の便に間に合うためには仕方なく・・・。
夜通しコンウォール地方からヒースローに走り抜ける途中、空はこれぞ満天の星空!
日本のように山で遮られることがない比較的平らな大地なので、まるでプラネタリウム
にいるみたいな…宇宙のお椀の中にいるような感じでした。
早朝5時30分頃に空港に到着。さすがヒースロー空港、この時間でもすでにたくさんの
人、人、人!喫茶店で朝食がてら長居させてもらって、チェックイン時間まで待ちました。
友姫胡とはここでお別れ。彼女は、そのままロンドンに戻り、数日後にはブエノスアイレスへ

2011-4-8ヒースロー空港売店でタンゴジュース 長居した喫茶店で見つけたジュース。
またまた「TANGO」
チェックインしたあとの免税店で見つけた靴!今はやりの超上げ底のハイヒール。
ロンドンでも大流行ですが、これ、もともと足の長い彼らが履いたら、、、
私は何で上げ底すればいいのだ!ちょっと、怒りがこみ上げてきたよ~~
2011-4-8ヒースロー空港とハイヒール
本音は、ドレスの丈が眺めなんでちょうど探していたから欲しかった!
が、、、荷物がいっぱいで、無理!!
諦めました、トホホ。

イギリス滞在中、タクシーのドライバーさんや、空港での待合いで前に座っていた
元ブリティッシュ・エアのパイロットだったという老紳士をはじめ、たまたま出会った
行きずりの人から
「あなた方は日本人ですか?日本人は強いから、きっと大丈夫。」というような言葉で
励ましてもらいました。彼らの口調や表情から敗戦で焼け野原の中から復興して経済大国
になった日本に敬意の念、そして、その力でまた復興できるという信頼の気持ちが伺えました。
あくまでも、一般の善良な人々から、一般人の私たちへ。市民レベルでの会話です。
国と国との外交や政策とは別の次元で、人間同士の素直な温かい気持ちに触れた瞬間でした。

今回のイギリス滞在は、今までの渡英の中で温かい出会いが一番たくさんあった旅でした。
突然、まさかの完結編になりましたが、ひとまず・・・・お世話になった全ての方々に
心より感謝しながら
スポンサーサイト

イギリス紀行~その6

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★


はい、お待たせしました。つづきぃ~~~~!!


4月3日(日)
ロンドン最終日となったこの日は、やり残したことを一気に!っといっても
限られた時間の中で、滑り込み?
まずは、毎朝ホテルについている朝食ばかりでは、、と門奈さんが気を遣って
くださり、晩ご飯を食べに行くレストランのイングリッシュ・ブレックファストを
ご馳走してくださいました。豪華な朝ご飯!!
朝ご飯 振り返ると滞在中、一番豪華な朝ご飯(#^.^#)

そして、昼食は友姫胡のお友達であり、ロンドンで日本酒ソムリエとして活躍
しているNちゃんが勤務している高級和食店に、みんなでGO
ほんまに素晴らしかった!日本にいるときとかわらない繊細な上質の和食を
海外でいただけるなんて!それも、ロンドンで。。。あ、ロンドンに失礼m(_ _)m
このお店ZUMAはハリウッドスターなどセレブ達お気に入りのレストランだそうです。
それなりのお値段を覚悟してクレジットカードを握りしめましたが、Nちゃん
が私達の胃袋の容量に合わせて、とても良いバランスで、お会計にも優しく
しかも満足がいく内容を設定てくれました。ありがとう!!
胃袋とともに心身が蘇った気がしました! いつものように、食べ物を前にすると
「待て」が効かない私。ビューティフルなお料理を写真に撮る余裕なく、食べること
だけに集中してしまい、気が付くとデザートまで進んでいました。かろうじて撮影した
抹茶アイス(中央)私が注文=抹茶が濃厚でとっても美味しかった!
両サイドは、門奈さんと姪が注文した柚子シャーベット。
2011-4-3日本料理店ZUMA
ZUMA.jpg 頼もしい「日本酒ソムリエ」Nちゃん(右から二人目)

お腹いっぱいになりながら、AID NIPPONのイベントを紹介してくださった昌子さんと
再会するため、私の個人的な目的のリバティーで待ち合わせ。ZUMAの近くだったので
↓ リージェント通りをみんなでお散歩しながら。。。
knightsbridge.jpg 少し迷って到着したリバティ→ 2011-4-3リバティー1
↑の写真で私が羽織っているクジャク模様のショールもリバティーで購入。これ、とっても
重宝してるんです。ずいぶん長いこと使っていてます。で、もう一つ、欲しくて、今回
のロンドン唯一の私事の目的地。
昌子さんとリバティーで合流したら、ちょうどアフタヌーンティーの時間帯に突入してしまい
リバティーの中にある喫茶室は満席!!諦めて、近くの喫茶店でお茶をご馳走になって
しまいました。こちらは4人もいるのに、、、気の毒、申し訳ないm(_ _)m
ご主人が神戸の方ということで、ご自身は関西人ではないのに昌子さんは熱い関西ラテン人
のようだとご自分でもおっしゃってました。私としては、とても親しみやすくて昔からのお友達
みたいな気分になり、楽しい時間を過ごさせていただきました。
昌子さんとは、リバティーの前でお別れして、いざ買い物へ
末の姪っ子は、まだ若いこともあり、リバティーに入るのが初めてらしく、チューダー朝の建築
にも大感激。私は、無事に目的のものをゲットできて大満足

そんなこんなでロンドン最後の夜は、いつものイタリアンレストランで。下の姪っ子とは、
翌日ホテルのロビーでお別れなので、ロンドンガイドの打ち上げ兼ねて少し贅沢めに食事。
これがまた、食べる方が先になって写真はデザートのみ。
デザート このデザートは、姪っ子のリクエストで、ラズベリーなどベリー類
を凍らせたもので大好物だそうで・・・彼女たちはベリー類の種が口の中で異物としては気に
ならないみたい・・・門奈さんはアウト。私も「めんどっち~~~っ」て思う派。

まずは、3日間ほど、姪っ子二人がロンドンで揃い、楽しく過ごしました。

イギリス紀行2011~その5

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★


帰国して1ヶ月以上経ってしまいましたが、、、
イギリス紀行「その5」です。



4月2日(土)
心強い助っ人、チビ姪は歴史好き、オタクに近いかも・・・
ということで、彼女の案内で午前から昼食までの時間、ゆっくり、たっぷりと
門奈さんの第一リクエスト、ディケンズ博物館へ。
ロンドンの代表的観光スポットと違って、静かにゆっくり、のんびりとした
時間を過ごせました。博物館の中に小さな喫茶室もあって、温かいスープや
おいしいサンドウィッチもあり、もちろん、紅茶(ここでもアールグレイは
品切れ!)とスイーツも。
ディケンズ博物館1

博物館の記念碑やディケンズ関係の書籍を売っているコーナーでは、
「ここに来たからには、今日こそは買うぞ!」
と姪が意を決した本が、在庫1冊!今まで、何度もいろいろな書店で、その
ディケンズのある分厚い本を買いかけては本棚に戻すということを繰り返し
て購入のタイミングがなかったらしいのですが、ここに来たのも縁、しかも
残り1冊を目にして買う決心がついたようです。そのことを知った門奈さんが
ガイドの御礼にとプレゼントしてくださり、大事な記念の1冊となりました。
もちろん、門奈さんにサインをおねだり!

そして、午後はセントポール寺院へGO セントポール寺院
目的はイギリスの英雄達にご挨拶!?
地下にある墓地には、ウエリントン卿やネルソン提督の立派な石の棺が柵で
囲われるでもなく安置してあります。つまり、石棺に触れることもできるし、
その気になればノックだって!(ノックが返ってきたら恐怖ですが)
ただし、蓋は重くて一人では持ち上げられません。
なんだか、死生観の違いをまざまざと感じました。だって、中にいらっしゃると
思うんですよ。大英博物館のミイラコーナーもそうですが、毎日、毎日、こんな
にたくさんの観光客に覗かれて、静かに眠れるのか?
しかも、柵もない!
最高に拍子抜けしたのが、チャーチル首相のモニュメント。見つけられなくて
一度は、ゲートを出てしまい逆戻りして、出口ゲートの係員に尋ねたら、簡単に
指を指して「あそこ…」。私たちは、ネルソン提督などのように立派な石棺を
探していたからわからなかったんだ・・・
だって、ゲートの柵の真下の床に直接、円の中にチャーチルの名前が彫られている。
しかも円の中心を串刺しするかのように、柵が通過している。
つまり、チャーチルのモニュメントの上部半分はゲートの中で、下部半分はゲート
の外に。なんなのよ、これ!
姪曰く、場所を教えてくれた係員も私たちのリアクションを予想していたかのような
言い方だったと。「あの人たち、ずっこけはるわ、きっと・・・」

とまあ、いろいろと珍しい体験をしたあと地上階に戻り、高いところは苦手の門奈さん
ですが、せっかくここに来たので、ぜひ、体験してもらおうと寺院のドーム部分まで
昇っていただいた。
 セントポール屋上 ←屋上からの景色(ロンドンの新名所:ロンドン・アイという
観覧車が見える・・・私は保守的なので、景観的にはない方が好きです。)

屋上から見たロンドン市内も楽しんでいただき、笑う膝をかかえながら長い階段を
降りて、再び祭壇がある地上階。すると、ちょうど夕方のミサが始まる時間となり、
生のパイプオルガンと聖歌隊の歌、礼拝の祈りをライブ!?で体験。
申し訳ないけど、冷えてきたこともあり、途中退散。
そのあと、歩いてシェイクスピアゆかりのグローブ座を外から見物し、姪の提案で
プチ・テムズ川クルーズ。ビッグベンがあるロンドン橋まで乗船。
グローブ座 ←グローブ座
テムズとビッグベン ←船上から見たビッグベン
下船後、ロンドン橋を渡り終えビッグベンの真下に来たとき、ウエストミンスター・チャイム
が鳴り始めるというナイスタイミング!

夕食はベルギーから戻ってきた友姫胡と合流して、またまたイタリアン。
姪が二人揃うと、飲むわ食べるわ・・・
叔母さん(私のこと)のクレジットカードの残額を少しは気にしてくれよ


文学好きの門奈さんと文学と歴史好きの姪は、何かと話題に事欠かない感じで
楽しいロンドン見物の一日でした。

私個人的には、セントポール寺院は2回目。でも、1回目で見落としているものも
あるし、初回と変わらない感動で見学できました。ただ、マイミクさんが教えて
くれたベルファスト博物館に、近くまで行きながら時間切れでいけなかったのが
残念なところ。またの機会に。。。




イギリス紀行2011~その4・エピソード

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★


イギリス紀行「その4」のエピソード


4月1日(金)*エピソード
大英博物館近くのイタリアンカフェで休憩をして、姪を待っていたときのこと。
ここのボーイさんは、イタリア系であまり英語が得意ではないらしく、って
人のことは言えない旅行者の私ですが・・・とにかく、私の中で一番良い発音
のつもりで「アールグレイ」の紅茶をメニューを指さしながら注文しました。
忘れるくらい時間が経ったあと、彼が戻ってきて

「すみません、、、グレイっていう紅茶、ないんです・・・」

「はぁん いえいえ、私は『アールグレイ』をお願いしたのよ」

と言うと「あ~~、アールグレイ」と言ってわかったような雰囲気。
それにしても、メニューにないでしょ、グレイって紅茶は・・・
ちった~想像力働かせてちょんまげよ。と、思いつつも、やっとオーダーが
通ってほっとして、待っていたら、結局、香りが抜けた「アールグレイ」なのか、
もしくは全く普通の「イングリッシュブレックファスト」紅茶なのか。
いずれにしても、アールグレイではなかった。

で、しばらくして、姪と合流して彼女もそこで、紅茶を注文。
その際、「アールグレイを注文してみて」ってリクエスト。もちろん、同じ
ボーイさんです。するとしばらくして

「すみません。アールグレイが今無くて、イングリッシュブレックファストに
なるんですけど、いいですか?」

みたいなイタリア訛り英語で、言ってきた。もう、爆笑でした。
やっぱり、アールグレイは無いんだ!

このあと、違う日に違うところで、2~3回、アールグレイを注文しましたが、
メニューにあるのに、「切らしていて、イングリッシュブレックファストになります」
的対応が続き、結局、アールグレイは最後のB&Bの自分の部屋で飲んだティーバック
まで、口に入りませんでした。
どないなってんの、紅茶王国イギリスよ。ここでコーヒーのレベルは、初めから期待
していませんが、紅茶はしっかりしてくださいましね。

イギリス紀行2011~その4

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★


イギリス紀行「その4」です。


3月30日(木)続編
今回出国する前から「同じ時期にイギリスに行くから、一度食事でも、、、」と話し合って
いながら現地で何度連絡しても通じず、入れ違いで演奏を聴いていただけなかった鈴木弦楽器
の鈴木さんと奇跡的に合流。
というか、私たちが演奏後、イタリアンで食事を済ませたところを捕獲されたのでした 
鈴木さんから聞いたFAX番号は、どちらのミス(伝え間違いかメモ間違いか?)は判明しません
でしたが、とにかく、何とか共通の知人の糸を手繰り寄せて、演奏後の会場まで皆さんで来て
くださり、その後、「そんなに遠くには行っていないはず!」と動物捕獲よろしく見事、私達が
捕獲されたわけです。ちなみに共通のキーマンは、なんとディッキー先生。
その共通の知人、ロンドンで活躍中のバイオリニスト富永伊津子さんは今年の8月に日本で
コンサートをされるそうです。奇跡的捕獲劇の楽しい時間を過ごしました。みなさん、捕まえて
くれてありがとうございます!みなさんの勘と行動力がなかったら出会えなかったですよね。
2011-3-30鈴木さん達と 記念写真を伊津子さんが送ってくださいました。




3月31日(木)
イギリスに来てやっとホテル周辺以外に出る気になり、門奈さんが行ってみたい順番に
地下鉄を使って移動。
まずは、先日、ロイヤルウエディングで世界中の話題になったウエストミンスター寺院へ。
私たちが訪れたのは、ご成婚の1ヶ月ほど前だったので、そこそこの盛り上がりムードで
ちょうど良い感じでした。たくさんの歴史上の人物のお墓が、目の前にあって不思議な感じ。
石造りの大きな棺の中に本当に「エリザベス1世」や「スコットランドのメアリー女王」など
ほんまに中にいるのかな?って。ヘンデルやディケンズなども。感動は、第1次世界大戦
第2次世界大戦で戦死した兵士達の区画が別格に作ってあったことです。歴代の王達と
一緒の寺院にちゃんと弔われていることに羨ましい気持ちになりました。
ウエストミンスター寺院のあとは、小説などにも登場回数が多いハイドパークを散策。
かなり広いハイドパークでゆっくり散策して運動不足を解消。風が冷たく強くなって
きたので、少々疲れました。
ハイドパークと門奈さん ←ハイドパークの門奈さん。
我ながら、なかなか絵になる写真!と撮影の腕前に自己満足。
いや、モデルになった被写体が良かったのです。はい・・


4月1日(金)
まずは、午前から大英博物館へ。大きい博物館なので、終日かかることは覚悟していました。
入場無料なので、出入り自由。写真は売店でみつけたマスク。買って帰りたかったけど、
トランクの中で潰れること間違い無しと確信し、諦めました。
仮面

おもしろかったのは、最初に入ったアジア区画。門奈さんは日本のコーナーを選択。
日本がどういう紹介をされているか興味深いものがありました。私的には、不服の部分が
多々あり!北方四島など、聴いたことがない列島名に。なんやこれ(ー_ーメ)
古代ローマのグラディエーターあたりは人気で近寄れず・・・古代エジプトのミイラコーナー
では、毎日、こんなにたくさんの人に覗かれてゆっくり休めないやろなって故人が気の毒に
なってきました。とにかく、あまりに人が多くて、人疲れしてしまい、昼食後そこそこで終了。
そうこうするうちに、友姫胡がベルギーに用事で行ってしまったあとの通訳とガイドを兼ねて
友姫胡の妹が助っ人として駆け付けてくれて、大英博物館の正門前で合流。