大日本帝国海軍 二等兵曹 介中俊輔(6/22追記更新)

久々の自由時間課題発表!
まずは、鈴谷に乗艦していた海軍の大叔父「介中俊輔」の写真が、長い間行方不明扱いでしたが、この度、突然、存在をアピールしてきて、俊輔の甥っ子にあたる私の親父(例の腕白&元予科練の親父)が発見!親父は、予科練に入る時、父親からこの写真を持たされたそうで、軍隊にいる間中、ずっと持っていたそうです。その現物と再会。しかし、この60年余りの間に、大きく縦皺が入り、そのシワは俊輔の顔の真ん中を通過していました。が、最近はすごいですね。昔の写真を蘇らせることができるんだぁ。ということで、この写真が修復後のもの。
呉の海兵団で新兵訓練後のスタジオ写真みたいです。

介中俊輔



おいちゃん、よかったね。きれいにしてもらって。。。。
どこにシワがあったのか、さっぱり、わかんなくなってる!

呉の友人が教えてくれた下記↓のページ。
これは、知る人ぞ知る、有名な方のお話。
ミッドウェーの時は鈴谷の艦長だったので、その時の鈴谷の動きの中においちゃんもいたんだぁって思うと、立派な艦長の下でお役目が果たせて私としても嬉しい一コマ。

http://navy75.web.infoseek.co.jp/kaisouroku/kaiso-28.html


その呉の友人が、陸軍の大叔父が所属した部隊の手がかり情報を提供してくれました。その発表会はまた後日。
陸軍の方は、ほぼ諦めかけていましたが、ちゃんと戦友会が慰霊の碑を作ってくれていました。さすが!っていうか、今まで遺族が無頓着でごめんなさい。
スポンサーサイト