津村別院特別コンサート(北御堂・大阪)

26日(金)はアストロリコデビューの翌年から毎年恒例となっている
大阪の北御堂「津村別院」でのコンサートでした。
15回目となった今年は、アストロリコ7重奏の編成で演奏のみでのコン
サート。
「お寺でアルゼンチンタンゴのコンサートとは、意外な取り合わせ!」
「煩悩を振り払う修行の場のようなお寺で煩悩の塊のようなタンゴ?」
と最初はびっくりしました。
お釈迦様に背中を向けて(お客様にとってはお釈迦様との間にアストロ
リコが立っている)演奏したこともありました。このときは、さすがに
畏れ多い気がしました。

主催の仏教壮年会さんの
「お寺は決して敷居が高い堅苦しいところではなく、もっと気軽に立ち
寄ってもらいたい」
というお気持ちと、リーダーの門奈さんの
「タンゴをもっと気軽に広く楽しんでもらいたい」
という気持ちが重なり合って、低入場料金でのこの「お寺コンサート」
が実現して15年連続開催。今では御堂筋に銀杏が実るころの恒例行事
となり、温かい雰囲気と浪速のラテン的気質でずいぶん盛り上がりまし
た。このコンサートで私自身が楽しみにしているのが、第2部の冒頭で
の法話です。この法話がまったく堅苦しくなく、笑いの中に「なるほど」
と納得できる、何故かすぅ~っと心に入ってくるお話なんですね。
だから、毎年、第2部冒頭の法話は、舞台袖で待機するのではなく、
アストロリコも舞台で一緒に拝聴するようにしています。
今年は、なぞ賭け形式で「人と人との心の輪」をお話されました。

ご来場してくださったみなさん、ありがとうございました!
来年は10月24日(金)です。
北御堂さんでお待ちしております。
スポンサーサイト