TANGO 2007 RHAPSODY in AUTUMN

タンゴサマーファッション続編とでも言おうか、DD(ダイヤモンド・ドッグス)のタンゴショー秋バージョン。
彼らとのステージは、4回目。思い起こせば、4年前の初顔合わせはどうなるかと、少々不安なところもあった。なんせ、アストロリコとは通常、どう考えても一緒にステージをするジャンルのユニットではないから。
しかも、わっか~~いビジュアル系男性ばっかり7名

いざ、やってみると彼らのがんばりもあって、不思議な化学反応を起こして、無事に終了!
ところが、今回、4回目、4年目、となるステージをやってみて、振り返ると、あの頃はお互いにまだ若かった、青かった・・・
念をおして、もう一度いうが、お互いに
ステージトークでも言ったが、本当にDDの男性としての成長ぶりに感動した!すっかり、中身の濃い魅力を放つ大人の男性に・・・良く、サナギから蝶になるっていうけど、これは女性に例えられるだけではないのだなぁってつくづく思った。彼らは、大人の男性としての魅力に輝いていたと思う。だから、タンゴに対して、化学反応の必要もなくなってきた感じ。

今回のステージでは、オープニングで私が人生の中で一番目立つような場所に立ってしまい、少々気恥ずかしさもあったけど、ここで怯んではかえってステージを台無しにしてしまうので、開き直り、居直り!?
演出家のお言葉によると妖精をイメージだそうだが、私が客観的に自分の姿を想像したら、どうも妖怪の方が近い?
黄金の雨がキラキラふる中を暗闇からそっとバイオリン・ソロをスタート。うまく行けば、こんな気持ちいい場面はないけど、責任重大!
なんとか、千秋楽まで大きな事故なく終えてホッと一息ってところで~~す。
千秋楽の最後の最後で、リーダーの東山君が一人で挨拶に出て、誰もいなくなったステージ奥中央に向かって、深々と額ずくようにステージ全体に最高の敬意を表したときは、舞台袖でその様子を見ながら感動、そして、一緒にステージに敬意を表した。演出ではなく、彼が自発的に、そしてごく自然にした行為。何と立派な若者だろう。

彼はすでにステージにはいなくなったアストロリコに対して気持ちを込めて感謝した、とあとで言っていたけど、一つのステージを作り上げるまでには、たくさんの人の手がかかっている。そんなバックステージの労力をしっかりわかっている彼らはこれかも、きっと素敵なショーを続けることだろうし、成長し続けると確信した一場面だった。
そして、お別れする時には、再会を願いながら、DDのメンバーが一列になってアストロリコに最敬礼してくれた。
気持ち良いステージ、心地良い疲れで京都に・・・

ステージ上でのトークは、ちゃっかり私をあてにしていた彼らだけど、まあ、そこもご愛敬ということで今回は許しちゃおう!
スポンサーサイト