ひろすけ童話集

最近、特に強く感じます。
物心つく頃に、「ひろすけ童話集」を読むべき。
いや、子供のそばにいる大人が「ひろすけ」に触れる機会を与えるべきだと。

私が子供の頃は全集で出ていて、姉のおさがりで読書嫌いの私ですら
ひらがなが読めるようになった頃、読んだ。子供なりの感性で感じた。
大人になって、振り返ると更に深い意味が込められていたことに気づく。

例えば「泣いた赤おに」
最後に、なぜ赤鬼が泣いたのか。ただ、お友達の青鬼さんが自分から
離れていって寂しいから・・・くらいしかわからなかった。
でも、大人になって、赤鬼の涙が、どんなに深い意味を持つのか。
赤鬼の胸がどんなにえぐられるように傷んで泣いたのか。
青鬼の心中はいかに。。。
とても深い意味が込められている。
大人になって社会に出たら、自分が赤鬼になる場合もあるだろう、また
青鬼になる場合もあるだろう、また、そういう関係を側で目撃し関わる
こともあるだそう。そうした時に、人の心がわかる人間になっている
ことが大事なこと。それは、子供の頃に「ひろすけ」などで触れて
すでに疑似体験している者の方が、より深く人の痛みをわかる人間に
成長しているだろうこと。

なのに、今、書店にいって子供書籍のコーナーを探しても、「ひろすけ」
の一部分しか出ていない。
「龍の目の涙」「泣いた赤おに」「むく鳥の夢」・・・
そういう私だって、子供の頃に読んだっきりの全集すべてを覚えている
わけではないけど。でも、そこを通過したかしないかは、思春期を迎えて
多感になり傷つきやすい年齢なったとき、そこを乗り越える力がついて
いるかどうかに大きく作用すると感じる今日このごろ。

ひろすけ童話には、日本人として、人として大事な心が入っていると思う。
http://www.takahata.or.jp/user/hirosuke/
スポンサーサイト