アルコイリス・関東公演 余韻

昨夜、関西に戻りました。
アンデルセン文化事業部さんには、本当にお世話になり深く感謝しております。
そして、このたいへんなご時世の中、そして、悪天候の日もあった中、
わざわざ、会場にお出かけ下さった皆様に心より御礼申し上げます。

この連続公演のお陰で、アストロリコの女性メンバーは一段とパワーアップ
させていただくことができました。
新人のバンドネオン田中さん、タンゴ新人のコントラバス滝本さん、
二人ともが毎日のフィーチャーソロを果敢に弾きこなし、前半は緊張した
表情だったのが、公演の終盤には緊張の中にも演奏を楽しむ余裕の表情
を見せてくれて、一緒に演奏している方も乗せられる感じでした。

「乗せられる」といえば、いつも熱いお客様に迎えていただけるアンデルセン公演
なのですが、今回は、本当にお客様の熱気と私達に寄り添うような温かいムードに
こちらの方がすっかり「良い気持ち」にさせていただきました。

「とっても良かったから、また聴きたくなって来ちゃった

と同じプログラム内容にもかかわらず、再度ご来場くださった方も何人か。。。
しかも、2回目の日が土砂降りだったりしたのに、「雨だから止めておこう」と
ならずに、濡れてまでもお出かけ下さったことには、本当に感動しました。
と同時に、そんな気になっていいただける演奏ができたことに安堵

昨日の最終公演では、日本ではなかなか起こりにくい感動の現象が
アンコールの「ラ・クンパルシータ」のときのこと。
最後まで演奏が終わりきらないうちから、拍手が沸き上がり、大きな喝采を浴びながら
演奏終了「チャン、チャン
アストロリコで海外ツアーをしたときは、何度か経験したことでしたが、感情表現
が外国の方のように積極的でない日本でこの体験ができたことは今回の公演が
成功だったことの確信となり、本当にうれしかったです。
タンゴ・アルコイリスwith門奈紀生 公演に頂戴した勲章と感じます

また、普段は関西にいる私達ですので、なかなか普段出会うことができない
関東地方でタンゴを演奏している若い方達の何人かがコンサートに来てくだり
お話ができたことも、たいへん嬉しいことでした。

最後になりましたが、女性ばっかりの恐怖の集団に一週間、
お付き合いくださったスペシャルゲストの門奈さんにも心より感謝申し上げます。
門奈さんがステージに登場すると、グググッと女性メンバーのムードが引き締まり
ました     体型ではなくムードが・・・です
アンコールのラ・クンパルシータ、最後の部分では、すらっとした門奈さんと
田中さんが、颯爽と立ってバリエーションを演奏している姿は、同じステージ
にいる私もゾクゾクするほど格好良かったです
スペシャルゲストと言っている割には、トークで悪いじりしてごめんなさいm(_ _)m
屈折した愛情の表現ということで



大雨(天候も世の中の状況も)のあとは、みんなが笑顔で綺麗な虹(アルコイリス)
を見上げることができますように・・・
スポンサーサイト