「食」に対して、改めて考える

「昭和、あの日あの味」 月刊「望星」編集部編
新潮社版
新潮文庫

決して、グルメ本ではありません。
66人の方々の体験した「食」にまつわる手記です。
66人の中には、大浦みずきさんの手記もあります。
彼女は、「そば」が大好きだったのに、一時期、喉も通らないほど、食べることが
できないでおられたとか。それが、またおいしく食べられるようになった経緯を
書いておられます。
大浦さんとのご縁でこの本を知ったのですが、この本全体がとても興味深いものが
あります。
それぞれの文章に個性があり、それぞれの体験に自分を重ねる場面もあったり。
特に戦前・戦中の食の話は、戦後生まれ、戦後育ちに年代にとっては、実感が
出ないほど、信じられないくらいみんな空腹だったんだ、とその一端をのぞく
ことができます。
私は幸運なこと、縁故疎開した母から話を聞いたり、軍隊にいた父から当時の様子
を聞いたりしていましたが、他人の体験までは知りませんから、両親の話と重ねな
がら、今の自分の贅沢さを反省したり、、、

日本人の「食」を見直す機会、なんていうと大げさですが、少なくとも日々の
自分自身の「食」を改めてチェックする良い機会にはなるかもしれません。
また、いざという時の知恵にも・・・
スポンサーサイト