完全復帰!?~佐川美術館9/25

たくさんの皆さんにご心配をおかけしましたが、退院後、はじめてフル出演を
昨日の佐川美術館「トワイライトコンサート」でして、完全復帰しました

応援メッセをいっぱいいただき、とても励みになりました。
皆さん、本当にありがとうございました


さて、時折の暴風に悩まされた昨日のトワイライトコンサート。
静かな琵琶湖の畔に、秋晴れの澄みきった蒼空のトワイライトシーンが美しくって
素敵な時間でした。客席の向こうに、くっきり稜線が見えて、空の色の変化と一番星の
輝きがまさにトワイライトの妙。
演奏しながら、楽しんでしまいました

が、その静けさとは対照的な突風の襲来

一番犠牲になったのは「オレ・グアパ」。
ピアノソロのところで、突如吹き荒れ、バンドネオンの星野君に至っては、
譜面台まで押し倒されてしまいました。他のバンドネオンさんも、それに近い状態
だし、他のメンバーも演奏しながらなのに、両手が風対策に追われるハプニング
ただ、不幸中の幸いだったのは、ピアノソロの場面だったことでした。
ピアノの平花さんは、みんなが体勢を立て直せるように手加減しながら演奏して
くれたので、ピアノソロが終わる頃には散乱した楽譜も拾えて演奏できる状態に。
ただ、ピアノソロに絡む私のオブリだけは両手が演奏でふさがっているので、
倒れてくる楽譜を上半身で押さえ込みながら、必死の格闘技奏法

それにしても、あの強烈突風、いつ襲われてもおかしくないくらい基本的に風が
常に吹いていたのに、よりによってピアノソロの場面だったことが救われました。

風対策に、全員大きなクリップなどで楽譜を押さえたり、透明ビニールファイルに
楽譜を入れたりと工夫していたのですが、昨日の風は体験した本番の中でもトップ
クラスでした

昨日は池があって客席まで遠いので、たくさん深いスリットが入ったドレスにした
のですが、想定以上の風のおかげで、マリリン・モンローの映画「バス・ストップ」
のスカート有名シーンみたいにめくれあがるのではなく、スリットが風に吹かれて
大根足むき出しチラリズムエロいことになって・・・
しまった、しまった、島倉千代子

隣に立つバイオリンの外薗さんさんはドレスに素敵なロングスカーフしていたのですが、
そのスカーフも私のスリットと一緒にたなびいていました。
まるで、大航海時代の帆船の旗みたい
そこだけ見たらなかなか、勇壮なんですが、間から私の大根足もみえかくれしてるんで
ヒヤヒヤもんでした

「夜明け」という曲、バイオリンで小鳥の囀りをするパフォーマンスを入れるのですが、
その時は、ステロイドの影響でふくらはぎをこむら返りしてしまい、言っても仕方ないの
に思わず、平花さんに


「足がつったよぉ

とパフォーマンスをいいことにピアノの側まで行って、訴えてしまいました。
平花さんは演奏中だから

「今、そんなこと私に言われても…

的なリアクション、そりゃ当然だわ
いや、失礼しました

そんなこんなでしたが、終わってみれば、たのしいコンサートでした


心強い、ファンの方からのブラボーコールが池の向こうの暗闇から聞こえた時は、
暴風にめげそうな心に勇気千倍をいただきました。
はるばる駆け付けていただき、ありがとうございました


免疫低下してるので、本番終了後は、マスクを控え室に忘れてきてしまったこともあり、
どなたにもご挨拶せずに失礼しました。

メンバーのみんなも、色々気遣ってくれて感謝です
ありがとう
スポンサーサイト