ロンドン滞在~途中報告

3月25日にヘルシンキ経由でロンドン到着。

ロンドンは、穏やかな気温で助かっています。
実に、10年以上ぶり!?のロンドンですが、相変わらずそのまんまのところもあり、
あれ?って思うくらい変わったところもありで、おもしろいです。

保守的な私なので、ロンドン・アイと呼ばれている大観覧車は個人的にはあんまり
好きじゃない、というか、ロンドンの景観には、いらないなって思いますが、今は
デートスポットの人気ナンバーワンらしいです。

26日(土)の夜は、旧知のダンスカップル「ポール&ミチコ」主催のミロンガで
ミニ・デモンストレーションをさせていただきました。
周囲はバリバリのイギリス風景ですが、ミロンガ会場はドアを開けたとたんに
ブエノスアイレスの雰囲気バリバリで、な~んだか日本人の私としては、すごく
不思議なスライド感がたまらなく心地よかったです。
久しぶりの再会でしたが、お二人は相変わらずメッチェメチャ素敵なカップルで
改めて惚れ直してしまいました!
イギリスのタンゴ好きが集まっているだけあって、演奏も喜んでいただけたみたいで
楽しい夜でした。

そして、昨日は、姪っ子たちがお世話になっていたバイオリン教授がいる王立音楽院
のバイオリンクラスで、タンゴのレクチャーで40分ほど演奏したあと質疑応答タイム。
みんな真剣に聞き入ってくれていて、演奏後はノリノリの拍手喝采。普段クラシックを勉強
している皆さんなので、タンゴの特殊奏法などには、ただでさえ大きな目をクリックリにして
見つめていました。そして、バンドネオンにも興味津々でモンナさんに質問攻め。
ドイツからの留学生でとってもチャーミングな女の子は、とても情熱的で、積極的。
バンドネオンを弾かせてもらって超ご機嫌な様子でした。
お世話になったD教授は、ケンブリッジ出身でオルガにストであり、本職はバイオリ二スト。
頭脳明晰のうえに、音楽の才能もありロンドンで有名なオーケストラのコンサートマスター
をしたあと、今は、王立音楽院の教授。ワークショップや演奏ツアーで何度も来日されて
いる方です。姪っ子たちのイギリスの良き親父さん的存在で、バイオリンの師という
よりも人生の師としての存在の方が大きくて、とても愛情深く育てて下さったことが
今回のクラスで接してダイレクトに響いてきました。
レクチャーでの演奏を聴いて、D教授は姪っ子に「君のパフォーマンスを聴いて、今の
君が一生懸命にやっていることがどれだけ素晴らしいことかがよくわかったよ。益々
君のことを尊敬するよ。」と言ってくれたそうです。

いつも、姪っ子たちとの別れ際には、しばらく会えないからと「死ぬぅ~」と思うくらい、強く
ハグしてくれるそうですが、私も最高の喜びと感謝と敬意のハグをして別れました。
スポンサーサイト