気が向いて、下鴨神社参拝

今朝は、良いお天気だったので、玄関に日の丸を掲揚して、仕事に向かおうと家を
出た途端、ふと気が向いて、下鴨神社へ行ってきました。
(もちろん、仕事の時間には、余裕を持ちましたから・・・大丈夫!)
いつも、素通りばかりしている、身近にある世界遺産。
今日は、真っ正面から、ちゃんと手水舎で手水をとって清めてから、参拝。
結構、不真面目にいつも通過しているので、ごめんなさいm(_ _)m
今日は、天皇誕生日なので、何かいつもと雰囲気が違うかもって、プチ観光客気分
(発想が不純!?)で行くと、本殿は祭典中!
密かに「グッドタイミング!」と喜びながらも、まじめに参列しました。
格好は、迷彩柄のダウンジャケットをきた怪しい人物っぽかったですが・・・

いつもは、閉まっている奥の祭壇の扉が開いて、お供え物が並び、白い装束の神主さん
たちが勢揃い、巫女さんも!百人一首の中の世界みたいでうっとり。。。
そのうち、エンディングに近づくと、生バンド! あ、失礼しました。
生の雅楽演奏が始まり、プチ興奮というか、日本の伝統をしっかりと感じた興奮。

6月に「源氏物語千年紀」のイベントでお世話になった神主さんもいらっしゃって
思わず手を振りそうになりましたが、本番中!
私も演奏中に握手を求められても困るのと同じですから、そこは、我慢、我慢。

下鴨神社を取り囲む、糺の森の晩秋も素敵な風景でした。
スポンサーサイト
コメント

あけおめ。ことよろ。

賀茂神社でしたか。吉田兼好の生家だったのは。函館の杉浦清志れぎおん論文で読んだ記憶が。賀茂神社と下鴨神社は違うの。
りかさん、こんさーと、さくらさんからききました。この記事をよんで、文章を二つ書いたので、暇なときに読んでください。

ひめの さん へ

あけおめ、ことよろ、だなんて、お若い!
こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。

大叔父慰霊の関係で親しくさせていただいている神職の方から
ゲットした情報をそのまま、垂れ流し!?しますね。

↓~~~~~~~~~~~~~~
古代、賀茂氏というのは、朝廷が一目おかれた豪族で、
賀茂神社(上下)は、全国の神社の中でも伊勢は別格として、
もっとも皇室が尊崇されたという神社だそうです。
今も勅祭社の筆頭と、目されておられる、とか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、上賀茂神社と下鴨神社の両方のことを賀茂神社
というみたいですね。
そういえば・・・
平安遷都以前から賀茂氏が、あの地でさかえていて平城京時代の
文書にも、賀茂のお祭りでかなりの人手になるので警備を増強する
ようにという内容が御上からあったと何かで読みました。

ん~~、古代史のお勉強。
そのころからの原生林「糺(ただす)の森」が、歩いて数分
のところにある、私って贅沢な環境にいるんでしょうね。

補足追記

ひめのさんの書き込みの中で、「吉田兼好」とあるのは「鴨長明」の勘違いとのこと。
ひめのさんは、こちらの方面をよくご存知な方ですが、時間のない中書き込んでくださって、いろいろと脳内にたくさんの偉人の名前がありすぎて、筆の誤りのようです。
以前にも「鴨長明」のお社があることで、下鴨神社について感激されていたコメントを頂戴しています。

ところで、糺の森にある河合神社というのが「鴨長明」縁のお社で、こじんまりとしていますが、とても趣があるたたずまいです。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/63/Shimogamo_Jinja_no_Torii.jpg

原点に立ち返る。

りかさーん
何と見事なフォロー!!パチパチパチ。
おありがとうございます。
ただすのもりがあるいてすうふん。
なんとまあ裏山しい。ただすのもりはあこがれです。みやこのなかの原生林。きっともののけもかみさんもたくさんいらっしゃるじゃろう。

おかげで、しもがも神社宮司さんの日記の御文章、言霊を大切に扱われているのがよくわかりました。
原点に立ち返る気概をいただきました。
ありがとうございました。

鴨の長明と吉田兼好、なんか似てませんか?
どこがといわれてもこまるけど。顔かたちをしってるわけじゃなし。
時代は違うんだろけど、随想で有名で、なまえが、どっちも健康おたくっぽい。かものちょうめいは、ねぎが鴨をしょってきて、それをいつもたべて健康で長命を全うしました風だし、よしだけんこうは吉田山健康レジャーセンターっぽい。
方丈記と徒然草。どっちもきちんと読んだわけではありませんが、でも、なんとなく、かささぎのなかでは似ている。

わたしも・・・

方丈記も徒然草も、歴史の教科書の中のままで、
実際には、手に取ったことすらないです。。。。
ヒヤヒヤ・・・v-356

鴨の長明と吉田兼好について

ひめの解釈、爆笑!してます。
言葉の魔術師のよう、りかさんがヴァイオリンの魔術師のように。

さくら さん へ

ひめのさんの表現、いつも、はずむようで、凄いです。
んが、私については、なんだか良く言いすぎですわぁ。。ありがとうございます。
冷や汗がです。
どちらかというと「魔術師」よりも「詐欺師」?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初からす

▼初からす (下鴨神社宮司日記より引用させていただきます。) 御生山(みやれやま