関東公演 終了しました

3月23日
「海老名市公演」
こじんまりとした会場で、お客様との距離も一番と近くて、ある意味、タンゴの醍醐味を
肌で味わっていただけたような気がします。ここでも人の温かい心を感じられる公演
でした。

3月24日
昼公演「横浜市リリスホール」
この公演は、今までにない特別な興奮に包まれていました。
この公演の開演時間は、午後2時30分
そうなんです。
イチローが10回表であの神憑り的なヒットを打ったのが、日本時間の午後2時23分。
楽屋のモニターTVの画面が映し出していたのは、会場の様子ではなく、WBCの画面。
アストロリコの楽屋としては、ありえないないです。公演直前に違う画面が出ていることなんて。
会場のお客様にしても、、、、気になるところでしょう。
平日の昼間、しかも、WBCの決勝。今回の決勝戦は、通常の試合とは全く意味合いが違う
雰囲気を持っているだけに、、、よくぞ、こんなタイミングのコンサートにお出かけくださいましたbikkuri01
気にはなりながらも、イチローのヒットを見届け、気持ちを入れ替えステージへ。
WBCの選手達も気持ちの入れ替えをそれぞれの場面でしてきたわけで、ジャンルは違ってもプロ
として気持ちを入れ替え、心をこめてステージに向かいました。
休憩時間になったころには、勝負は決まり、主催者の計らいにより、場内アナウンスで優勝を
伝える場面が、なんとも嬉しいの心意気。
私は、アストロリコに入るまでは、野球は見ません。知りません、興味ありません、タイプ。
でしたが、アストロリコの仲間に強烈な巨人ファン、阪神ファンがいるため、だんだんと知るように
なりました。でも、今回のWBCは、野球ファンだから、という内容ではなく人の一人として興奮し、
喜び、選手はじめ一行全員に心から敬意を表しました。
公演報告が、すっかり、WBCの話題に・・・
ということで、さぞ、ステージも客席もWBCで浮き足立っていると思われるかも知れませんが、
そこは、さすがタンゴのお客様。みなさん、大人!
しっかりとアストロリコのタンゴを楽しんでくださいました。


夜公演「きらら鎌倉」
昼公演とは、プログラムを少し変えて、ピアソラ曲を多めにした内容の公演。
タンゴの会場としては、ちょうど良いくらいの大きさで、お昼のリリスホールほどの残響では
ありませんが、生のサウンドを心地良く聴いていただけた感触でした。
リリスホールで初めてアストロリコを聴いて、あんまり良かったので、急遽、鎌倉も連続して
来てしまいました、と声をかけてくださるお客様がいらっしゃって、恐縮するやら有り難いやら。
なんでも、急いで一度帰宅して晩のこしらえをして飛んできた、とか。夜公演も良かったと
大喜びしてくださいました。

「何で、今までアストロリコを知らなかったのかしら・・・」
と独り言のようにおっしゃりながら、後にされました。
ありがとうございました。またのご来聴をお待ちしておりま~~すふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート


3月25日
「さいたま市うらわ公演」
ここは、2回目です。1回目のときよりも、1.5倍のお客様がおいでくださいました。
リーダーの門奈さんは、アストロリコが誕生したとき
「小さなコンサートを各地でたくさんやって、タンゴ草の根運動をするのだ」
と言っていましたが、まさに、ここがそんな感じで、しっかりと成果があがっている手応えを感じる
ことができました。



3月26日
「千葉市美浜公演」
最終日。ここが一番、凄い響きの会場でした。ありがたいことに、早くからSOLD OUTになっていて、
そのうえにキャンセル待ちまで出た公演。京都から千葉県へ引っ越しされた、お付き合いが長い
お客様のお顔も見えたり、20日「阪田寛夫メモリアル」の会場にいらしたお客様で阪田寛夫先生
のご友人という方など、初めての会場なのに、いろいろとご縁のあるお客様もおいでになりました。
マンダラにも来てくださった夢子さんも、たくさんのお友達と一緒に来てくださって、嬉しかったです。
ありがとうございます。
サイン会では、「私は、あんたのトークも楽しみで来ているんですよ」と言ってくださった殿方も。
毒を吐きまくっている私のトークを楽しみにしてくださるなんて、奇特な方、、、、感謝m(_ _)m


と、こんな感じで怒濤のアストロリコ四重奏の関東公演は終了しました。
あっという間の一週間でしたが、名誉あるステージも上げていただき、墓参りもさせていただき、
箱根の風呂にも入り、WBCでもが上がり、どこの会場も音響が良くて、しかもお客様が温かく、
スタッフさんも良い人ばかりで、、、、そして、食事も美味しく!風邪もひかず!
と良いこと尽くしの関東公演をありがとうございました。♪
スポンサーサイト
コメント

お疲れ様でした

関東公演、本当にお疲れ様でした。
今回は、マンダラと美浜ホール・・・
ライブとコンサートを楽しことが出来、一粒で二度おいしかったです。

私も、毎回RicaさんのMCを楽しみにしている一人ですが、
美浜ホールでは、おしとやか(ドレスのせいでしょうか)な毒舌?だったような気がしました。
一緒に行った友人達が、
楽しく、かつわかりやすいRicaさんのMCに関心しておりました。

また、素敵な演奏を聴かせていただける日を楽しみにしています。


夢子 さん へ

一粒で二度、味わってくださってありがとうございました。
マンダラのライブは、公演ツアーのスタートだったのと
いろいろと脳みそが機能停止してのか、トークがもうグダグダで
時間だけを使ってしまった感じがして、申し訳ないことでした。

美浜でも、たくさんの方を誘ってくださってありがとうございます。
とっても嬉しいです。コンサートとライブでは、雰囲気が
違うので、どちらかというと、ライブの方が毒を吐きまくる傾向が・・・

メンバーが寛大なので、助かっております、、、はいv-356

今年は、上京の機会が例年よりも多くなりそうです。
ご無理がない範囲でどうぞ、今後ともよろしくお願い申し上げます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する