4月のライブ報告

今朝起きてびっくりえぇ
・・・・・・4月が終わっているkao05
この間、お正月やと思っていたのに・・・って、ちょっと浦島太郎子しすぎ砂浜

4月のライブは名古屋の「エルム」、京都の「クィーンズギャラリー」、兵庫県西宮の「フラワーズ」
そして最終に京都の「RAG」。どれも充実感が残るライブだったので、幸せです。
コンサートは、先にアップした「ガルーファ&アストロリコ」がありました。

♪エルムでのトークは、私はお休みでピアノの平花舞依さんが担当します。
彼女は、私のようなどうしようもない関西弁ではなく、極めてスッキリとした標準語なのですが、
そのスッキリとした標準語で、やさしく微笑みながら、バッサリ辻斬りのようなトークをします。
なので、そのツボを心得たお客様は、今日は何を斬ってすてるか、誰がバッサリ斬られるかを
一つの楽しみにされている感じです。この日もなかなかの切れ味でした笑い。


♪クィーンズギャラリー はアストロリコ六重奏で出演です。
第2バンドネオンを担当している若手の星野君が、最近、とくにメキメキと力強くなってきました。
もう、私や平花舞依さんは、お母さんになった気分でお尻を叩いていた時もありましたが、この頃
は頼もしく感じるときもあります。この夜のライブも、バンドネオンのバリエーションが門奈さんと
息ピッタリに、ザクザクと心地よくて、一緒に演奏していてゾクゾクしました。本当はバンドネオン
奏者なのですが、このライブでは、エレキベースでタンゴのベースを担当している下城君も
しっかりとサポート。エレキベースでタンゴを実にうまく表現してくれます。そして、私の隣で
これまた頼もしい武将のような演奏は、バイオリンの吉野さん。野武士のようなたくましい音で
嬉しい限りです。
この日は、アルゼンチンから帰国中の姪が第2部では、特別飛び入りでバイオリンに加わり
7重奏になりました。姪っ子も、ブイブイと言わすタイプなので、結構な迫力で楽しかったです。
そして、客席には、私にとって特別のお客様がいらっしゃいました。
広島からわざわざ、お出向きくださった戦死した大叔父の戦友会会長さん92歳!昭和14年
発表の曲をするときに、その頃何をされていた質問したらマイクがないなのに、すごくしっかり
大きな声で「海軍少尉をしていて、流行歌はあまり知りません」とお答えくださいました。
あまりしっかりした声なので、お客様もびっくりされていました。そして、どう見ても70歳代にしか
見えない若さに、終演後、元気で長生きをあやかりたいと握手を求められたり、ただただ、
触らせてくださいって、やってこられたり、ちょっとしたアイドルみたいでした。
いろいろな世代がタンゴを通じて仲良くできた、温かなライブになりました。


♪西宮のフラワーズ。ここは、関西の桜の名所の近くなので、人混みを恐れて、桜が終わった頃を
ねらってライブしました。この日は、いつもよりは少な目のお客様でしたが、なかなか濃いライブが
できて、達成感がありました。結構、渋い曲ばかりをならべた感じだったのですが、聴いてくださる
お客様も渋い方ばかりで、私も人生の修行を積まねばっとお客様に負けそうでした。
日記にもアップして話題に出たことがある、大阪の素晴らしいダンスグループ「ダンス夢ファクトリー」
さんにご縁がある方々が団体で予約してくださっていました。「この日が待ち遠しかった」と声を
かけていただき、すんごく嬉しかったです。
そのダンス夢ファクトリーさんとの夢のコラボが5月3日(日・祝)に京都のホテルで再演します。
もう、あの素晴らしいダンスチームと、また共演させていただけるなんて、今からワクワクしています。
ダンス夢ファクトリーさんとのご縁で京都のジョイダンスさんが主催されるショーです。
↓、これが再演されます!!
http://www.dance-yume.co.jp/2008xmas/2008xmas.html
ご興味のある方は↓へお問い合せください。
http://www.joydance.net/
とにかく、凄いです!


♪ライブスポット「RAG」は昨夜でした。実は、この日記をアップしつつもお目目はドロロンえんま君です。
昨日は、超ヘビーな曲が並んでいて、リハーサルのとき「これ、ちょっとすごいなぁ~」とみんなでプチ
後悔するくらいの曲目でした。が、ゼーゼー言いながらも、音楽が良いので、心地良い緊張感と
お疲れ感。ですが、今朝はやっぱり、お疲れ感の方が勝ってましたがっくり
トークでは、あちらこちらで健忘の症状が出て、近い将来MRIの検査を受けようかと思うくらい。。。
いえ、単なるボケボケだっただけですが・・・
GWに突入しているので、お客様がいらっしゃる不安でしたが、GWの楽しみの一つに入れてくだ
さっていたのか、たくさんご来店くださり、嬉しい驚き!!
フラワーズに引き続き、渋い曲もたっぷり。そして、ピアソラの珍しい曲など、バラエティーに富んだ
そして、ヘビーなプログラム。ラグの28周年記念のイベントとして、壁にはアートな習字で書かれた
アストロリコのライブ用の文字が並んでいてカッコイイ!!その内容は・・・
「タンゴはロマンティシズムの権化である。   アストル・ピアソラ」
これは、このライブに寄せてリーダーの門奈さんが選んだ言葉です。そこにアストロリコ四重奏の
メンバーのサインが入って、出来上がりはてな
なんか、りっぱなアートに落書きした結果のような気になりましたけど・・・
公演後、興奮して話かけてくださった若者の一人に、アマチュアでコントラバスをやっているという
男性がいました。彼のタンゴ感に、とっても感激。アストロリコが長年活動してきた目的が達成できた
ような気がしました。
彼は、タンゴの若いリスナーの一人であり、ほかの若者と同様にピアソラの音楽でタンゴの存在に
出会い、タンゴファンになったそうです。最初はピアソラファンでしたが、ピアソラを聴いていくうちに
さらにタンゴを奥深く聴くようになり、今では、古いタンゴも大好き。アルゼンチンタンゴ全般に熱く
燃えるようになってきた、そんな熱いトークを聞かせてくれました。
嬉しいなぁ~。もっと、もっと、タンゴを楽しんでください。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



cloverまずは、取り急ぎのアップで、乱れ打ち!!例によって、妙な日本語や打ち間違いなど、
どうぞご勘弁、ご容赦くださいませm(_ _)m

スポンサーサイト
コメント

素敵なライブでした

昨夜はラグでの素敵なライブをありがとうございました。終了後にいろろとお話させていただいた者です。ブログに書いていただいて光栄です。ただ何か気恥ずかしいですね。

実は一年前の同時期にもラグでアストロリコのライブを聴かせてもらったのですが、その時となりの席におられたご夫妻と昨夜も隣同士になるというご縁がありました。ご夫妻はアストロリコの皆様とお知り合いだそうで、仕事がお休みになる木曜のみ聴きに来られるとのことでした。休憩時間中にも話がはずみ、ライブ終了後にまた一年後、と言って別れました。こんな縁、なかなかあることではありませんよね。改めてアストロリコの皆様とラグに感謝しています。一年後、また同じ時期にラグで演奏されるのでしょうか?必ず聴きに行けるとは限りませんが、また是非アストロリコの皆様と隣席になったご夫妻にお会いしたいものです。

コメント長くなりましたが、7月12日神戸公演は何とか聴きに行けそうです。タンゴの王道たる曲の生演奏を聴くために、日程を調整中です。

ささやん さん へ

ようこそ、当ブログへおいでくださいました!
熱烈歓迎ですv-315
そして、ライブにおでかけくださり、ありがとうございましたe-266

それにしても、同じ席で同じ方と再会って、運命ですね。
でも、よく覚えておられましたねぇ、双方ともに・・・

私ったら、それがダメなタイプで、先日も2時間くらい顔を付き合わせて話をしていた人に対して、次に会ったときには「どなた?」って顔をして挨拶していました。こんなんなので、どうか、どこかでお目にかかったときは、「ラグで・・・」とかヒント付きで声をかけてくださいね。すみません。よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
いろいろなタンゴをいっぱい聴いて楽しんでくださいね。次回のラグの予定は、まだ、わかんないです。また、決まったら、スケジュール情報にアップいたしますね。神戸公演、スケジュールが合いますようにv-352

また、ブログにも遊びにきてくださいませ。

初のタンゴライブでした。

昔から、「ラ・クンパルシータ」とか「ジェラシー」とか「碧空」とかの古いタンゴは好きでした。ペレス・プラードも好きです。
ピアソラとかの比較的新しいのにはあまり馴染みはありませんでした。
最近は、歳のせいか、「リベルタンゴ」とかがメチャ好きになりました。
京都「RAG」でのコンサートでは、いきなり「リベルタンゴ」ではじまり、かなり興奮してました。
その後の、「ラ・クンパルシータ」では涙が出るほどでした。やっぱり自分は短調系が好きなんだなあと、ライブを聴き、つくづく思いました。
ボクの席からはバイオリンがよく見えませんでしたが、身を乗り出して、麻場さんを見つめていました。
機会があれば、また、近畿圏内のライブを見聴きしに行きたいと思っています。がんばってください。

mattake さん へ

コメント、ありがとうございます!
そして、RAGにご来聴くださり、ありがとうございました。
かつては、
タンゴといえばラ・クンパルシータ!
でしたが、今は、リベルタンゴもはずせない1曲になっていますね。
日本ではあまり一般的ではないタンゴの曲にも、出会ってみれば、
グッとくる曲がたくさんありますから、これからもどんどん
たくさんのタンゴに出会ってください。

もしかして、私、mattekeさんとライブ終了後にお話させていただきましたぁ?

ぜひ、またのお運びをお待ちしております。
今後とも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する