ハートフル山陽地方公演  岡山県&山口県(5/16&17)

アッと言う間に、いつものように時間がだけ過ぎ去って、もう1週間も経ってしまいました。
遅ればせながら・・・

★5月16日(土)岡山県早島町 ゆるびの舎
小倉敷とでもいうか、静かでこじんまりとした早島町は、町ぐるみで文化の保存維持、
そして継承に凄く努力していて、そして、実践している文化の町でした。
ここでは、あえて「街」ではなく「町」という表現の方が似合う気がします。「街」にして
しまった途端、早島町が折角守ってきた伝統と文化が違うものになってしまうような、、、
http://www.town.hayashima.lg.jp/information/event.jsp
そんな早島町には、ゆるびの舎という立派なホールがあります。会館のスタッフさん、
主催の町役場さん、みなさんが一致団結して、オルケスタ アストロリコの10名、及び
ダンスカップルのルシア&アルバロ、ゲスト歌手の北岡樹さん、総勢13名を迎え入れ
てくださいました。こうなると、ちょっとした団体旅行です。
翌日の山陽小野田市の公演の方が、先に決定していた流れで、ここ早島町は準備
期間が短い中、よくぞ、ここまで盛り上げてくださったこと、、と、お世話になった全て
の方々に心から感謝いたします。
公演は、1曲目からテンションバリバリ上がった歓声が客先から聞こえ、こうなると、
ステージの私達はもう、天にも昇る嬉しい気持ちで、さらにハイテンションになっていき
ますので、結果は、当然、熱い、熱いコンサートになりました。
アストロリコの新しいレパートリー「ガウチョの伝説」の初演も、無事にできました。
公演後、広島からわざわざ聴きにきてくださった若いバンドネオン奏者の方が、「ガウ
チョの伝説が気に入った」と言ってくださり、とっても嬉しかったです。
素敵なコンサートをさせていただいて、ありがとうございました。そして、会場に足を
運んでくださったみなさん、ありがとうございました。
早島町 フィナーレ挨拶
追記:下見からうち合わせの時の私の服装って、ラフの極め。本番直前までスッピンでウロウロ。
そんな私の姿しかご存知でない公演担当のスタッフ責任者のS氏は、開演前、衣装
を着て化粧が終わった私を至近距離に見て、びっくり!恐怖のためか、反射的に後ずさ
りを3歩はされました(爆)驚かせてごめんなさいm(_ _)m



★5月17日(日)山口県 山陽小野田市民会館
早島町公演が終わって、その日のうちに山口県に移動しました。「厚狭」という駅が
最寄りの駅。すでに閑散となった夜の駅構内に、修学旅行のような団体のように騒ぐ
声が響きます。楽器や衣装の大荷物をワイワイ、ヤイヤイ言いながら階段を下りて
いる団体、それが私たち…オルケスタ アストロリコ一行13名。
主催者の方が、「声を聞いただけで、この人たちだってわかりました」とにこやかに、
改札でお出迎えしてくださいました。でも、あんまり賑やかな集団なので、びっくり
されたようです。
実は、「修学旅行の団体ような」と比喩されたのもこの時でした。
たしかに、そんなノリです。

翌日、寒冷前線が日本列島を移動するため、お天気は荒れ模様。お客様の出足が
鈍るのではと心配されたのですが、結果的には前売りを購入された方のほとんどが
ご来場くださり、そのうえ予想より150名ほど上回る入りとなり、四方八方、幸せな
結果となりました。
山陽小野田市は、アストロリコのメンバーの一人、木村直子さんの故郷でもあり、
責任感が人一倍ある姉御肌の直子さんもとても気にされていましたが、本当に稔り
多いコンサートができて嬉しかったです。直子さんもアンコールの頃には、感無量
になり、目はウルウル・・・
*直子さんは、ご主人と一緒にとっても素敵な独自のユニットを主宰されています。
http://ototom.com/
山陽小野田市民会館も、びっくりするくらい音響の良いホールで、オルケスタ アス
トロリコは幸せにも二日連続、音の良いホールで演奏させていただけました!
この公演では、個人的に素晴らしい出会い、そして、再会がありました。これは、
改めて「自由時間」カテゴリーにアップします。
追記:厚狭駅の改札に出迎えてくださったTさんが終演後、こんなことをおっしゃていました。
「改札で待っていたとき、姿は見えないけど、あの修学旅行みたいなワキアイアイの
声を聞いたとき、この公演が良い公演になるって確信していました。」
恐縮至極です。私達の方は、山陽地方のみなさんの温かい愛情の中、幸せな時間
を過ごさせていただきました。



今回の2公演は、オルケスタ アストロリコの団体を受け入れる方々の準備がたいへんだった
ことは、言うまでもありません。感謝の気持ちでいっぱいです。日本の心の原点を見たような
気がしました。おもてなしの心、温かみのある人と人の繋がり、心が洗われる思いでした。
ありがとうございました。
そして、お天気が悪い中、ご来聴くださった皆様、ありがとうございました。これからもタンゴを
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する