赤鬼と青鬼のタンゴ!

2月2日(火)「ガルーファ&アストロリコ~タンゴ好き放題Vol.7」
の名物シーンから・・・

巨漢のピアニスト上田裕司さん率いるタンゴ・ガルーファとのジョイント
コンサート、7回目!
以前も、一度、節分の時期に開催しました。そのときは、現在、ブエノスアイレス
で修行中の奥村友紀くん(バンドネオン奏者)が、赤鬼を演じました。
抱腹絶倒、しかし、彼はよくやった!

ガルーファの上田さんは、見た目もそうですが、実際とても懐のデカイ人で、
自分のタンゴユニットにアストロリコの若手のバンドネオン奏者を起用
してくださっていて、初代は奥村くんだったのです。現在は下城聖史くん
が参加させてもらっています。で、当然、今回の赤鬼は下城くん!と私は
呑気でいたのですが、上田さんから今回は、ガルーファとアストロリコで
一人ずつ鬼をやろう、という指令が来て、、、こうなりました
↓(喜んでやっているわけではありません

鬼1縮小 鬼2縮小

この日はヘアスタイルをアップにしてバッチリ決めていたのに、赤いヅラの
お陰で、そのあとの演奏に早変わりで復帰するときはアップに戻す時間が
なく、バサ~です。しかも、赤鬼をしているときに、ダンサーのTackyさん
に相手してもらって踊ったり、青鬼の上田さんにステージ上で振り回された
ので、息はすっかり上がってしまって・・・心臓バクバクしながら、演奏に戻りました
↓(涼しい顔してますが、実は心は折れてました
鬼3縮小


誤解のないように申し上げます。
この演奏会は、あくまでも演奏会です。
タンゴ・ガルーファの演奏のみ、アストロリコの演奏のみの第1部。
そして、ふたつのユニットが合同で演奏し、歌手の高橋京子さん、ロベルト デ ロサーノさん
ダンスカップルの亮&葉月、CHAKO&TACKYも出演する豪華な第2部。
というコンサートですが、上田さんはサービス精神旺盛なのか、関西人の性なのか、
ほかにない、また、ほかではできない(やりたくない!?)演出が、出演者も
知らないうちに入り込みます。この日は、節分の前日だったのが私には災いしました。
動きはすべてアドリブ。だいたい打ち合わせする気がさらさらないようで、
私は「鬼」のシーンの前後の曲は、きっちり演奏。上田さんは、2曲ほど前に、
ピアノをアストロリコの平花さんにバトンタッチして、しっかり、全身を
鬼装束に着替えての登場。決まっているのはそれだけ・・・

もう、やらないぞ~~~
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する