夜の梅って・・・

2年ほど前、アストロリコの事務所の近くを夜、真っ暗になってから歩いたときのこと。
街灯の灯りが届かず、吸い込まれるように暗いところが一部分あって、ちょっと不安な気持ちを持ちながらそこにさしかかったとき、頭上に何かを感じて立ち止まり、見上げました。暗さに慣れたころ、す~っと目に飛び込んできたのは白い梅がちらほら咲き。そして、ほのかに香りも漂っていました。ちらほら咲いている梅と膨らんだつぼみ、枝振りのバランスがまるで上等な屏風絵かふすま絵を見ているみたいでした。思わず心の中でこう呟いていました。

これがほんまの「夜の梅」。

ふむふむ、なるほど、なるほど。
かの有名な上等羊羹「夜の梅」はまさに、この光景のことだったのだ!!

と私の中で、自然の中からの大発見をした感動を覚えました。当然、「夜の梅」と命名された昔の方はこの光景をご存知だからこそ、命名したわけで、大発見というよりは、あの羊羹の切り口を見てイメージが繋がらない私の方が未熟なんですけど。。
だって、最近、真っ暗なところの方が少ないし・・なんて言い訳をほざきながらも、かなり感動しました。
それから以後、よそのお宅のその梅が気になり、毎年、「今年はもう咲いたかな?」ってわざわざ見に行ったりしています。だって、本当に見事な梅で、出会った夜は白い梅しか気がつきませんでしたが、実は紅白が並んで見事な枝振り。そして、高めの塀よりもさらに高い梅なので。
20100226104010
↑その白梅です。4日ほど前に撮影しました。

そんな話を門奈さんにもしていたら門奈さんが先日、「君と同じことしている人がいるよ」と梅の季節に因んだ記事を見せてくれました。


あるじをば誰ともわかず春はただ垣根の梅をたづねてぞ見る  藤原敦家朝臣 
(新古今和歌集より)


たしかに・・・古今問わず、人間のすることって同じだぁ~~
スポンサーサイト
コメント

追記 梅花吹雪

昨日からの嵐!?で、どうなってるか、またまた気になって今朝も見てきました。
今朝は晴れましたが風が強い!
見事な紅白の花吹雪ですが、まだまだ満開でつぼみもたくさん見えました。
そして、紅白梅の枝の間を小さな緑の鳥(たぶん、目に白いものが見えたのでメジロ!?)が群れて遊んでいました。
私は、梅の花吹雪を全身に浴びながら、メジロ君達が遊んでいるのをしばらく見上げていました。

そのあと、道を歩きながら、一応首を犬みたいに振って花びらを落としたつもりだったのですが、事務所に着いて、頭を下にしたとき、ヒラ~~っと白い梅の花びらが1枚。
かわいい花びらです。

梅の花吹雪を鑑賞中、住宅街をお坊さんが
「お~~~~~~~~~~」
と素敵な声で托鉢して歩く声がどこからか、聞こえていました。

梅散って

梅にはなぜか花吹雪がない。いや、実際は梅もふぶきみたいに散るときがあるのだろうけど、梅にはつかいません。桜にしかいわないのですよね。花吹雪という季語は。すごいもんです、日本人の感性って。
この風景、一句にしたててみました。

梅散って托鉢僧の応の声  りか

Oh! …応!

なるほど、「ぅお~~~~!!!」って聞こえるのは「応~~~~~!」だったんですね。
時々、数人の声で四方から聞こえてくるときがあります。タイミングも声の高さも違うのですが、そのアトランダムさがいい!
不謹慎な表現ですが、たくましい声が妙に色っぽいv-351(何故か紫!)

梅は花吹雪とは表現しないのですね。季語とか知らずに使用しておりました、、はははv-356
しかし、最近のこの異常気候の中で2月のあの風の強さ。京都市は盆地なので、平原のような風とは雰囲気が違うはずなんですが、最近の風は大陸的なんですよ。
なので、本来、梅は「はらはら」と散る、、はずが、まるで桜の花吹雪みたいになっていました。
今朝も気になって、ひょいと覗いてきましたが、まだがんばってました、あの紅白の梅v-424

「応」の声が聞こえてきそうな一句をありがとうございます\(^^@)/
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する