サプライズ・バースデー・ライブ4/20

4月20日(火)チェリージャム・ライブ(大阪)は、歌手のロベルト デ ロサーノさんが
アルゼンチンに一時帰国のため、アストロリコ四重奏の演奏のみで開催しました。
大阪のお客様、特にチェリージャムは、独特の「おもいっきりラテン」な雰囲気で
いつも私たちの方が乗せられっぱなしになります。
ロベルトさん不在なので、盛り上がり具合を心配したのですが、お客様がロベルトさんの
分まで盛り上げてくださいました。というか、いつもとまったく変わらない雰囲気で
チェリージャムの凄さを改めて実感した次第です

我がアストロリコの父なる門奈さんのお誕生日だったこともあり、可愛い子供達から
花束贈呈サプライズ・セレモニーをしました。
可愛い子供達って
もちろん、門奈さんを除く四重奏のあとの3名のことじゃないですか
念のため、ピアノ:平花舞依、コントラバス:大塚功
そして、バイオリン:麻場利華 つまり、わ・た・し

お客様には当然、知らせていませんので、騒ぎに巻き込まれたってところですが、
みなさんとっても温かく協力してくださいました。
門奈さんはとても恥ずかしがり屋さんで、謙虚で、奥ゆかしく、、、、
なので、あのような公の場で自分のバースデーなんて絶対に話題に
されませんが、今年は、門奈さんの「心筋梗塞で心肺停止5分事件」から10年
となり、やはり、ちゃんとお祝いしたいというのが、「可愛い子供達」の気持ちです。
ということで、お客様を巻き添えにしてしまい後で怒られるのを覚悟でサプライズ決行

あとで謝ったら、喜んでいてくださって一安心、ほっ

花束はピアノの平花さんが用意してきてくれたのですが、たまたま、私が運転する
車移動の門奈さんの方が先にチェリージャムに到着!こっそり、花束をお店に
持ち込むのに、私と平花さんが携帯でコソコソ・ヒソヒソとやりとりをし、
リハーサルで門奈さんに見つからないように本番までお店の人に隠してもらいました。
なかなかのプチ・スリル

チェリージャムのスタッフさん、そして、お客様、、みなさん、ありがとうございました
スポンサーサイト
コメント

おめでとうございます!

遅くなっちゃいましたが、門奈さんのお誕生日おめでとうございます♪
サプライズでのバースディ☆嬉しかったでしょうね。暫くお会いできていませんが、門奈さんの照れたようなお顔が浮かんでくるようです!

ご病気されてから、10年経ったのですね。
本当に良かったです。お元気になられて(*^_^*)
なつめさんの分も是非頑張っていつまでもお元気でいてくださること、心からの願いです☆

紫陽花 さん へ

メッセージ、ありがとうございます。
そうなんです。
門奈さん、ご自身のクローズアップは極端にいやがられるので、サプライズを決行するにはメデタイことなのに、こちらの方に「勇気」が必要となりました。
でも、喜んでくださって良かったですぅ。

門奈さんが10年前倒れられたとき
・命が助かるか?
・どの程度の後遺症か?
・演奏活動は再開できるか?
の順番で不安が1つずつ、襲いかかっては1つずつクリアできて、喜びに変わっていきました。で、超不安がっている私たちに、そのときニューヨークにいらした大浦さんから「門奈さんは絶対に大丈夫!」という力強いメッセージをいただきました。大浦さんはすべてお見通しだったかのようでした。あのとき、私達だけでなく、門奈さんだって、まさか門奈さんより先に彼女が逝ってしまうなんて想像もしていなかったです。たぶん、大浦さん自身もそうだったと思います。
門奈さんには、まだまだ、若い者の先頭にたって王道を歩んでいただきたいです。
これからも、応援をよろしくお願い申し上げます。

おめでとうございます!

門奈さん、お誕生日おめでとうございます!!牡羊座でいらっしゃるんですね。・・・私もです(笑)

サプライズは、そわそわ、ひそひそ、どきどき、にやにや&おすまし・・・大成功おめでとうございます!門奈さんも喜んでくださってよかったですね。

その時の事、大浦さんがどこかで言っていらしたな~と記憶をたぐっていたらミュージカル誌(2001.3)にありました。「朝、電話で門奈さんのことを聞いて、バレエのレッスンに行こうと地下鉄にのるためホームに降りたら、おじいさんがバンドネオンで「UNO」を弾いていたんです。その時門奈さんは大丈夫だって思ったんです。」と。

門奈さんがお元気になられてこうして今演奏を聴く事ができて本当によかったです。関東公演でも移動移動で大変でいらっしゃるだろうな・・・と思いましたが、どうぞこれからもお元気で、心に染み入る演奏をずっと聴かせていただきたいなと思います。

葉月 さん へ

ありがとうございます。
そうでしたね、、、そんなことをおっしゃってました。
私ったら、大浦さんからいろいろなお話を伺っているのに、記憶がどこかの棚の奥に・・・
思い出させてくださって、ありがとうございます。
門奈さんにも、このことを伝えたら、
「ふんふん、そんな話あったあった!」
と、ウルウル・・・。
私も話ながら、改めてウルウル・・・

実は、先日のチェリージャムでは、私たちと親しくして最近逝去されたタンゴ人縁の
曲をその方々に捧げて演奏しました。レケーナさん、大浦さん、、、、
そのトーク中では、案の定、ウルウルしてしまいました。



みなさんのメッセージは、門奈さんにお伝えしています。
ありがとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する