映像'07 父のまなざし-難病の父から子ども達へのメッセージ

偶然、ついていたテレビの音声から「ALS」という言葉が耳に飛び込んできた。まったく途中から見たのだが、それだけで充分、胸をうたれた。
ALS{筋萎縮性側策硬化症}といえば、私にとってはここ2~3年に知った病気で、それまでは全く知らなかった。たまたま頂いたご縁で、野村監督作品(藤村志保、栗塚旭、賀集利樹、山内明日ほか出演)の映画「二人日和」にアストロリコが音楽を担当させてもらったことで、この病気のことを知った。(藤村志保さんが演じる妻がALSにかかっている)
http://futaribiyori.com/topnews.html

あの映画に参加していなかったら、無知のままだったと思う。幸い、映画はドイツの映画祭「ジャパンコネクション」でグランプリを受賞する高い評価を得た。監督の昔からの仲間で映画美術でたくさんの名作(大魔神、眠狂四郎、ほかびっくりするくらいの凄いが作品ずらり!)を手がけられた内藤昭さんという方が、ALSだったのが「二人日和」作りのきっかけ。撮影から編集の間、映画が完成するまで何度もフィルムを入院先で内藤さんに見てもらったとか。残念ながら、今年の冬、内藤さんはご逝去されました。
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film.html#film_0704


少しでも、この病気をたくさんの方に理解してもらい、少しでも早く治療方法が開発されることを願って、映画のサントラ盤CDの収益をアストロリコから日本ALS協会に寄付したのは昨年の秋。だが、まだまだ、不足しているのは事実で、もっともっとサントラ盤の収益を上げてお役に立ちたい・・・と思っていたそんな矢先に、この番組。差し迫った現実を目の当たりしたとき、もっとがんばらなくちゃっと感じた。と同時に、たくさんの人が一度に見るテレビの放送だから、良い時間帯の放送はできないのかなって思った。世の中のどれだけが、私のような深夜族なんだろう。。。結構、この時間帯って心うたれる人間ドキュメントをやっているようだけど、この時間帯ってみんな起きてテレビを見ているのだろうか・・

  ■ 父のまなざし-難病の父から子ども達へのメッセージ-
4月15日「映像'07」 24時45分ー25時45分
兵庫県芦屋市に住む、T.Nさん(男性)=ALS{筋萎縮性側策硬化症}
      二男は小児白血病、三男はダウン症のハンデイを負いなが
      らも、家族が明るく一日、一日を宝物のように生きている。

スポンサーサイト
コメント

二人日和

利華さん、おっはよ!
二人日和のdvdが出たみたいですね。ゆっくり見たいです。見落としてるとこがたくさんあるだろうから。
ところで。きのうのよる、父が衛星映画劇場で眠り今日知ろうじゃなかった狂四郎をみていたのよ。そしたら、ひとえまぶたの色っぽい女優さんがでててね。今はいないタイプの純わふうの。父にきいたら、それが藤村志保さんだったよ。おわわわってびっくりした。私はいいとしなのに、しらなかった。笑
雷蔵さんっていいおとこだったんだね。そういえばそういえば、遠い記憶のなかから、高校時代、眠狂四郎に夢中になってた友がいたっけな、と。かのじょ、いまだにどくしん、とてもわかい。
利華さんはどんな俳優さんが好きなのですか。
じゃ、いってきます!

私の好きな俳優さん!?

小さい頃は、第7騎兵隊のカスター将軍になった俳優さんに夢中になりながら、白黒の映像で見た市川雷蔵さんや栗塚旭さんもステキィ~~って、おませさんでした。
今、世の中が韓流とかなんとかですが、わ、わ、わたくしめ、年甲斐もなく、ただ今、華流まっさかり!
F4のジェリー様に夢中でございますv-10
キャ~~、お恥ずかしい!これ、ブログに書くのはよそおうかって思っていたのですが・・・・
このF4の話題をだすと限りなく、そっち方面にいくのでここで止めておきます!

正直者のRicaでしたv-12

そうなんですかい。くくく
どんなんかこんどみてみる。
それとね。利華さんのお写真で、胸にさげてるコンドルみたいなおおきなペンダント、ありゃなんでがす。あれみると、コンドルはとんでゆくって曲がささっとながれる。祭文と蛾ーファン来る。

大きなペンダント

あれは、京都にあるエスニック衣料店で購入したペルー製のものです。デザインが南米って感じですよね。結構、気に入ってあればかりしていた時がありました。もちろん、今でも時々してます。
「コンドルが飛んでゆく」はもともとフォルクローレです。アンデスの山を自由に飛ぶコンドルを歌っている曲です。さずが、Lady Himeno 、鋭い感性!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する