気がつけば、10月25日

昨日まで、3日間連続で本番だったので、頭ではわかってはいたけど、
自分が今10月25日を迎えていることを体感では、あやうくスルー
してしまうところででした。

今日は、大叔父が乗っていた重巡洋艦「鈴谷」が沈んだ日。大叔父を
はじめ何百名という乗組員と鈴谷の命日でした。
朝、戦友会の会長さんから電話をもらいました。

「65年前の今日、あと1時間と少しで鈴谷が沈んだ時間です。
65年前の今頃は戦闘中だった。今から、仏壇に向かってその時間を
戦友の慰霊をしながら過ごします。」
と会長さん。
「大叔父の分もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。」
とお願いしました。今年は、呉の海軍墓地に一度も行けていない・・・。
ごめんなちゃいm(_ _)m

でも、今日を忘れていたわけではないんですよ。
私も、ステロイド薬の副作用と共存しながら、連続の本番で、私に
とっては戦闘中だったんで、大叔父達と同じ!?
でも、即命がなくなるわけじゃないから、同じと言ったら大叔父達に
「だいぶ、ちゃうと思うで~」
って言われるでしょうね。そして、次は陸軍の大叔父がガダルカナル島で
戦死した11月6日が、これまた関東公演非公開の初日と重なり、ひえ~
必死マメタン


大叔父達は、職業軍人ではありません。当時、その年齢に達した若者達の
当然の義務として徴兵で入営した、まったく普通の若者です。
でも、彼らのかなり一生懸命がんばってくれた痕跡が、タンスの奥から
出てくると、やっぱり、他のご先祖様方とは、ちがった供養をしたくなる
のが人情というものなんでしょうね。

スポンサーサイト
コメント

レイテ沖海戦

ご無沙汰しました。
10月25日、レイテ沖海戦で帝国海軍の主な船がすべて沈んだ日でしたね。
父はこの時点ではまだ生きていました。
利華さんもご病気と戦っておられるとのこと、それだけ大叔父様たちのことを忘れず祈っておられるのですからきっと利華さんの体は護ってくださると思います。

今年の夏の暑さに、利華さんにいただいた木綿のスカーフが日よけとしてずいぶん役に立ちました。

では、お体お気をつけて・・・

Re: レイテ沖海戦

うわ!お久しぶりです。

> 10月25日、レイテ沖海戦で帝国海軍の主な船がすべて沈んだ日でしたね。
↑、この日は、たくさんの方々の命日ですよね。
特攻の初日でもありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E8%A1%8C%E7%94%B7
余談ですが、関大尉↑を見ていて、びっくり、私、誕生日同じv-363
んじゃ、大浦さんも一緒だ!!)

毎年、不思議に命日の直前は生き返って、毎年命日に戦死を繰り返しているん
でしょうか?こちらが勝手に想像しているだけなんですけど。
だから、
> 父はこの時点ではまだ生きていました。
この気持ち、私の方が英霊とは遠い関係の間柄ですが、わかりますよ。


> 利華さんもご病気と戦っておられるとのこと、それだけ大叔父様たちのことを忘れず祈っておられるのですからきっと利華さんの体は護ってくださると思います。

そう感じました。私、手遅れになる前に、この夏に治療できたのも、
大叔父達や大浦さんが心配してくれたんだと思っています。

> 今年の夏の暑さに、利華さんにいただいた木綿のスカーフが日よけとしてずいぶん役に立ちました。
入院中も日本手ぬぐいが大活躍しました。遅まきながら日本再発見!
お役に立ってよかったです!

またお目にかかれます日を楽しみに!

今日はこれから、京都で老舗のスペイン料理レストラン「ティオペペ」で
ライブなんです。このシェフとは長年の友達です。バルセロナ出身の
スペイン人なんですけど、とても実直で「いい人」そのもの。
そして、彼が作るお料理は芸術的なのにフレンドリーv-344
塩分制限やタンパク質制限のある私には、特別メニューにしてくれる
優しい人です。

ええっ!

8月29日、母の誕生日です。
父の戦死日は11月8日ですが、母は2年前の11月18日に亡くなりました。
3回忌のため、来月九州へ帰ります。

ちょっとびっくりしました。

なんという8月29日

私もびっくり・・・
私は夜中に生まれたので戸籍上は末広がりの数字が良いと
産婆さんがいったらしく、8月28日付けの届けに
なっているんですが、実際は8月29日で、占いとかは
本当の誕生日で見るそうで、、、そうこうしているうちに29日が
自分の中ではメインになっています。

それにしてもこんな身近に同じ誕生日に人が続々登場・・・v-354
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する