英国海軍士官がたたえた日本海軍の武士道

敵兵を救助せよ!
――英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長
惠隆之介 著
草思社刊 (2006年7月5日第1刷発行\1,700)
スラバヤ沖海戦の後、日本海軍は多数の敵国将兵を救助した。これを決断実行した駆逐艦「雷」艦長工藤俊作の生涯と救助の一部始終を描く。

私は、初刊が発売された翌日くらいに入手した。この工藤艦長は、妻や子供にも一切、自分が救った沢山の敵兵やその物語を語らなかったという。これは、工藤艦長に命を助けられたイギリス海軍の士官が戦後60年近くなって命の恩人の工藤艦長を探そうとしたことから、この本の出版に繋がった。もし、その英国海軍士官が戦後すぐとはいわなくても、若くして何らかの理由で亡くなっていたら、この感動の物語は世に伝えられなかっただろう。
前述のおすすめネタ「アーロン収容所」を読むとイギリスが嫌いになるかもしれなが、この「敵兵を救助せよ」は、まったくその反対の印象が残る。両方とも、実際におこったこと。これが、現実なのかもしれない。「アーロン収容所」のあとにこの本をあげようと思っていた矢先、昨日、フジテレビの番組でこの美談を取り上げたそうだ。
これも是非、一読をおすすめします!


http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_4794214995.html
スポンサーサイト
コメント

見ました。

ご無沙汰しました。

そのテレビ見ました。
いかづち工藤艦長の実話、敵味方なく同じ人間として心が通じる瞬間を見た時、号泣してしまうのです。

他にも胸を打つ軍人の話はたくさんありますが、戦後日本は、軍人は悪というレッテルが貼られ、こういう話は葬られてしまいました。
こういう話を少しづつ掘り起こし、本物の武士道とはなにか、教育にも取り入れてほしいものです。
放送見て、すぐに下記を検索しました。
http://www.tamanegiya.com/kudoustunsaku.html

「アーロン収容所」良い本ばかり選んでいらっしゃいますね。
ご紹介の所をクリックすると漫画「戦争論」が一緒に紹介されて居ますが、「戦争論」の中には、この本や会田雄二氏のことがたびたび引用されています。
 
お忙しいようで、コンサート、関西方面が多いようですね。

さくら 様 へ

コメント、ありがとうございます。
工藤艦長の番組は、私自身見損ねたので、ガッカリしていたら、私の予科練親父が録画しておりました!番組では、それ以上詳しくは伝えられなかったと思いますが、工藤艦長の救命活動の背景にある、環境条件をもっと詳しく伝えられたら、その行いの尊さがもっと良くわかるのにって思いました。
あの当時、重油の一滴は血の一滴と言われるほど日本にとって敵兵の救命活動に重油を使うことの意味。そして、救命後、日本兵にさえ充分に行き渡らない食料や飲料水、衣服などを敵兵に日本兵が自分の分を減らして分け与えたこと。この背景の上での救命活動であること。その意味の深さと尊さ。

私個人的には、あの本のお陰で二人の大叔父の更に詳しい動きを知ることができて、その点についても貴重な本となりました。当初、ガダルカナルで初めて時空を共にしたと思っていたのですが、工藤艦長の動きを説明する部分で、インドネシアへ陸軍(大叔父を含む)を移動させる輸送船団を護衛する中に第七戦隊(鈴谷の大叔父を含む)があったことが記された章を読んだときは、ちょっとした興奮を覚えました。

また、長くなりましたが。。。。

9月に関東に行きます!
詳細がわかったらまた、発表しますね。
では、また。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する