Violin ×2 @法然院&シューマンホール

怒濤の二日間があっという間に終わり、気が付くと1週間
長い人生、初めての企画にして、初めての会場&初顔合わせのメンバー。
蓋を開けるまで、全容が見えるようで見えないドキドキの中、振り返ると
たくさんのお客様に恵まれ、そして、冷え込む寒い雨にぬれながらも一生
懸命にバックステージを支えてくれた協力スタッフのみなさんのお力添えで
無事に終えることができました。

この企画にご協力くださったゲストのマエストロ、ブラーボさんと門奈さん、
心を込めてバックステージを担当してくれたスタッフのみなさん(当日を含め
チラシを作る初期段階から)、リハーサル会場を提供くださったN氏(東京)
とYさん(京都)、協力の神戸ポルテニア音楽同好会のみなさん、法然院さん、
アートステージさん、かじるスネも無くなるほど身を削って私や友姫胡を育てて
くれた両親、底力を発揮してくれた姉(そういえば、友姫胡の母でもあった!)、
そして、遠いところでは広島県からも駆けつけ温かい拍手を送ってくださった
ご来場の皆様に心より感謝いたします。
ありがとうございました


駆け足で、スナップアルバム的に・・・

★2月12日(土)京都 法然院「大書院の間」にて
法然院2 門奈さんと私の二重奏
法然院1 ブラーボさん、門奈さん、私、そしてタンゴの歌を歌う友姫胡

大書院の間は、ステージの背後、窓越しに見える夜景(京都盆地の一部)の光と
窓ガラスに反映するステージの様子など、幻影的な雰囲気の中、煩悩のかたまり
ともいえるタンゴを座布団に座って聴く。。。。不思議な、そして、素敵な
時間でした。コンサートの冒頭では、超多忙を極める超有名人である梶田貫首様が
端的なる法話的トークしてくださり、ビオリン・ポル・ドス公演の格をぐっとあげて
くださいました。感謝m(_ _)m
大雪という予報に、山麓にある法然院の急カーブ坂の参道が歩行可能なのか心配
したのですが、有り難いことに、雨で済み路面凍結はなく、最悪の事態は免れました。

とにかく、あの有名な法然院!日本の古民家や町家などが大好きというブラーボさんは
到着した途端に、目がキラキラ!畳の控え室にも抵抗なく、法然院という素晴らしい
空間での居心地は日本人の私たち以上に良さそうでした

法然院では、畳の上での演奏だったのでカーペットは敷きましたが、女性二人は
ヒール付きの靴を履くのは止めました。



★2月13日(日)神戸芸術センター「シューマン・ホール」にて
プログラムは前日の法然院と同じですが、純粋にコンサート会場なので、この日は
色のドレスを着用。ちゃんとハイヒールで上げ底

シューマンホール1 第1部 友姫胡と私のタンゴバイオリン二重奏
↑、色違いのドレスなんですが、私の赤の方は、胸元から下へ後から付け足した
ものがあるので同じ形には見えづらいですが・・・若い人と並ぶと、高齢者の方が
赤を着ないと、余計に老けて見えるので、叔母の権力乱用!?で「私が赤を着る!」
と宣言。

シューマンホール2 ブラーボさんと友姫胡
アルゼンチンでの友姫胡の師匠であり尊敬する世界のマエストロ、スアレス・パス先生
に絶賛していただいたピアソラ作曲「タンゴの歴史」。
演奏中のブラーボさん、ステキッ

ふるさとの縮小 第2部 友姫胡の歌と門奈さん、私の二重奏で「ふるさとの」
このライブシリーズのサブタイトル「祖国よ…ありがとう」のテーマでもある曲。
終戦直前に戦死された山川弘至命が愛妻に当てた手紙に書かれた「歌」から4首を
山川氏の後輩であり神職に従事されている野田安平氏が作曲された、すばらしい作品。
みんなで心を込めて演奏。タンゴから一瞬離れ、平和なふるさとを思う気持ちに
涙を流して聴いてくださった方がたくさんいらっしゃいました。

判事様お聞きください ブラーボさんと友姫胡の歌「お聞きください、判事さま」
「アサバーチェ」の愛称があるアスセナ・マイサニのレパートリーから日本では、ほとんど
歌われることがない曲。ある意味「アサバーチェ」である友姫胡が熱唱。

シューマンホール4重奏縮小 全員で演奏
第2部は、歌も歌うので友姫胡が赤いドレスを着ました。私は観念して、年相応の色目

シューマンホールおじぎ 無事終了、みなさん、ありがとうございましたm(_ _)m

シューマンホール3 はい!みんなで記念撮影


京都法然院の日は大回避、翌日の神戸シューマン・ホールの日は晴天
雨女の私だけにハラハラしましたが、これも天佑
この企画の中心テーマ、「祖国へ…ありがとう」ということで、両親も姉も私も神戸
生まれ、戦死した大叔父達も神戸で生まれ育ったり、神戸に思いが深かったりしたので
神戸公演では、大叔父達の写真も会場の一番後ろ、スタッフテーブルに置き、コンサートを
聴いてもらいました。

とにもかくにも、もう一度、すべての方に心から「ありがとうございます」



さてさて、明日はオルケスタ アストロリコの第19回名古屋定期演奏会です。
ご機嫌なタンゴ黄金時代の作品をガンガンやってきま~~す

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する