緊張の二日間でした

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★

★ ならまちタンゴ ★
アルゼンチンタンゴを演奏し始めてからは、もっぱらマエストロ門奈さんの
ユニットだけで演奏してきたので、一人ぼっちで他のユニットに入って演奏
するのは初体験。
全員が寄せ集めであれば、それはそれで一人ぼっち、という気分ではないの
ですが、EL TANGO VIVOさんは、優秀な演奏家が集まりガッツリ出来上がった
アンサンブルで活動を続けて10数年という完成されたユニット。
そこへ、私のような迷子の子犬みたいなのが混ざるので、メンバーのみなさんは、
さぞかし、やりにくかったことでしょう。
壊れやすいガラスの心臓の私めを、取り扱い注意天地無用の寛大な扱いで受け
止めくださり、感謝感謝です。
歌手の西澤守さんも、緊張している私を、どうにか、リラックスさせようと、
いろいろお気遣いくださり、本番前に余計な気を遣わせてしまって申し訳なかったです。
西澤さん、ありがとうございます



5月14日(土)「ロイヤルホース~西澤守&EL TANGO VIVO TRIO with 私」
ご一緒させていただく本番として実質的な初日。
見事に玉砕して、亡霊のようになって帰宅しました。
当初は出演予定じゃなかったので、私がいてびっくりされたお客様も・・。
常連のお客様、めずらしい私目をご覧になったと思います。
さすが、西澤守さんとEL TANGO VIVOさんの人気は凄い。
ロイヤルホース、たくさんのご来店がありました!

5月15日(日)「ならまちタンゴ~西澤守&EL TANGO VIVO TRIO with 私」
前日の玉砕を引きずりながら、不安な朝を迎えました。
気分とは裏腹に、誠に清々しい良いお天気で、近鉄奈良駅を降りて会場までの徒歩は
風情ある商店街や猿沢池などで癒されました。
前日の失敗を繰り返さないよう、という思いがあまりに大きくなると、ステージもかたく
なってしまうし、、、楽しまないとお客様に伝わらないし、、、というマインドコントロールの
バランスが難しいなぁ。
とにかく、私をゲストとしてご指名くださった方々をがっかりさせては申し訳ないので、
善処に努力しました。リハーサルが終了した時点で、私自身はまだまだ課題山積でしたが
「とても、普段一緒に演奏していないメンバー同士とは思えない。麻場さんにやって
もらって良かった」と声をかけていただき、嬉しいやら、本番にむけてさらにプレッシャーやら。
プログラムの最後に演奏したピアノの熊田さん作曲の「アグア・ベルデ」は、なんだか気分が
弾むような、そんな素敵な曲で、本番が終了して数日経っても、まだ頭の中で鳴っています。

ならまちタンゴ1 ←ならまちタンゴ 主催者さんのブログ からの写真
エル・タンゴ・ビーボのベーシスト東谷さんのブログ に楽屋での写真が出ています。

歌:西澤守
演奏:EL TANGO VIVO TRIO 熊田洋(P)、東谷健司(Cb)、北村聡(Bn) with 私(Vl.)

いろいろ自己反省は多いですが、何しろ、こういう組み合わせのステージは、古今東西初と
言っても過言ではないので、設営してくださった皆様に、心から感謝申し上げます。
そして、このコンサートを盛り上げてくださったお客様全員にありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する