珍しく本日2件めの四の五の・・・

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★


最近、鴨川(京都)の土手を歩いていて、ずっと気になっている紫系ピンクの
小さな(直径1センチ程度)のお花があるんです。
このお花が群生しているのを見るのは、この土手では初めてのように思います。
毎年、いつも異なる花が群生していて、不思議に思うのですが・・・
↓今年はこの子達です。
2011052509460000.jpg 写真では光の具合で色が薄く見えますが、肉眼では
もっと濃いピンクです。で、近くに色違いかのように白いのもあります。白いのは
中心が沈丁花のように少しエンジ色かかた部分がありますが。
さて、このお花、何というお花でしょう?あまりにも可愛いので、癒されてます。
この花の名前が気になって・・・。
昭和天皇のお言葉にも
「雑草という名前の草はない」とありますし、そりゃ、そうだ。。。

↓今朝の鴨川の河川敷の風景
2011052509460001.jpg この土手の斜面にピンクの星のように散らばっています。
さて、すっかり木が茂る5月も終わりに近づいていますが、4月はここが桜並木でした。
中州は先日まで菜の花(たぶん大きかったので外来種)で黄色に染まっていました。
がこの間の大雨で、中州もほとんど濁流に呑まれました。水が引いて姿を現すと、
菜の花の出番は終わりを告げられたかのように一掃されて、今は、黄色いアヤメ系の
花が咲き出しています。四季の移ろいを見ている場合ではないくらい、忙しくもあり
ますが、そういうときに、こういう景色は癒されます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する