沈黙の春 レーチェル・カーソン著

今年は、レーチェル・カーソン生誕100年だそうですね。
私がこの本に接したのは、ラジオ番組を初めてすぐのころ、もう4年くらい前かなぁ。門奈さんから借りて読んだのが最初。あまりの衝撃に焦りを感じ、自分のラジオ番組でも紹介したりしました。
私にとっては、とにかく非日常の専門用語がいっぱいで、難しい感じではありましたが、それにも関わらず最後まで驚異と脅威を持って読んでしまいました。
レーチェル・カーソン女史が訴えていた時にすぐにでも対応していれば、まだ何とかなったのか。人間はここまでしないと目覚めなかったのか。地球に申し訳ない気持ちになってしまう。
グダグダ言っていないで、今からでもすぐに始めよう!明日に気がつくよりはマシなはず。

私が読んだのは文庫本でしたが、単行本も出ています。
スポンサーサイト
コメント

環境問題

おはようございま~す。(^-^)v
やっと・・・お邪魔いたします!

ちょうどこの話題をしたかったところでした。
生誕100年ということでか、最近よく耳にするようになりましたよね。
先日も、あるクイズ番組で「1962年に出版されたカーソンの著書は?」という問題が出ていました。
もちろん!門奈さんから教えていただいていたので、即答えられたもんねっ。(出演してるわけじゃないのに、妙な優越感v-20
でも実はまだ読んでいないのです。
貴女から内容を聞いていたら、恐ろしくて。
怖い、こわい・・・!

んで・・・今朝もニュースでやってたんですよ。
あ!・・・レイチェル・カーソンのことじゃないですけど(^_^;)
鰆は西日本で獲れるものなのに、今年はなんと、東北で大漁だとか。
鯖も北の方まで流れているらしいんです。
もうおわかりですね!
暖冬の影響なんですって。
つまり、地球温暖化・環境破壊からきてるんですよねぇ。
なのに、そこまでは突っ込んで言ってなかった・・・e-262
漁獲量は例年通りなので、われわれが手にする価格に変わりはない、で締めくくられていましたよぉ。
なんでこぅ自分だけ良ければ、って感覚なんでしょう!
朝から「プンプン!」しちゃいました~。

ようこそ、ここっへ~(古!)

Picarita さん、 やっとお出ましいただけましたかぁ。
ようこそ、おいでくださいました!
いきなり、絵文字もご利用くださり、さすが、PCに関しては私よりずっとお若い!(意味不明・・・)

そうですね、あちらこちらで、異常現象が起こっているっつうのに、一番影響力があるテレビの報道に危機感がないですよね。京都議定書の6%の削減も、達成できない見通しがついたばかりだし。。。
「沈黙の春」、怖がらないで読んでくださいよ。非日常の科学者の世界の文章に私なんぞ、体力を使ってしまいましたが。
この夏もクーラー利用を控えるよう、がんばろうっと!

また、来てね!

唐突ですが

あのぉ。
まったく関係ない話題をしてもいいですか?

この前、新聞で読んだネタなのですが。

坂本龍馬の手紙が130通ほど残されているんですって。
で、坂本龍馬ファンの人が、それらの手紙を現代語に訳して、
しかもマンガまでつけちゃって出版するらしいんです。
お姉さん宛てのものが多いんだけど、初恋の人宛てのもあって、
「情勢が怪しくなってきているので、いざという時のために準備を頼む」とか書いてあるの。

ここからが本題なんですけど・・・この初恋の人、っていうのが
平井かほさんなんですって!
あ~っら、どこかで聞いたことのある!?・・・オホホv-398
こんなニアミス、信じられますぅv-361
ちょっと(というか、かなり!)びっくりした朝でした。

Srt. Picarita さん へ

賑やかせていただいて、ありがとうございます。
ほんまに、唐突な話題ですが・・・(^^ゞ
でも、その本、おもしろそうですね。当時の緊迫した様子を違う視点で、しかも、リアルに感じることができるような気がします。
坂本龍馬や白州次郎や、なんか、パンチの効いた人物がそろそろ登場しても良い頃では・・・日本の歴史年表にこの時期の登場は、かなり「おいしい」と思うのですけど・・・

それにしても、絵文字のすっげ~巧妙使用に脱帽でございますです、はい。

それは、そうと、私、この記事に関して最初、全くの書きかけをアップしていたことが昨日、発覚!
修正アップしましたm(_ _)m
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する