8月の慰霊

今月は、元歩兵230聯隊の方々にお目にかかりお話を伺ってきました。
しばらく、お顔を拝見していなかったので、心配していましたが、
お二人とも良いお顔のつやで、安心しました。
久しぶりの再会でしたが、笑顔で私を迎えてくださいました。
関西在住の94歳と99歳の元230聯隊のお二人です。

230聯隊の本拠地は静岡県ですが、関西出身者もたくさんいらっしゃる
ので、和歌山県護国神社に関西戦友会が建立した慰霊碑があります。
先日は、和歌山城に隣接する慰霊碑「魂」へ、久しぶりのご挨拶も
してきました。

そして、8月15日は、未明から家族全員で車移動、静岡県護国神社で
11時から開催される平和慰霊祭に参加してきました。
そこで、なんという偶然。関西戦友会のお二人ともと親しく交流がある
という東京からご参加の方と出会いました。知っている人がいなくなって
しまったので寂しいと思っておられるところに、突然、居るはずがない私たち、
関西からの参加者、しかも、共通の知人が前述のお二人!
お互いに、喜び合いました。戦死する前の大叔父を知る人には、残念ながら
出会えませんでしたが、共通の知人を持つ戦友会の方に出会えたのは、
現在の喜びでもあります。

2011-8-15静岡県護国神社1 みたま祭りで提灯がいっぱいの静岡県護国神社
普段は、広いスペース。きっと、たくさんの若者があそこで整列して拝礼したのでしょう。

2011-8-15静岡県護国神社2 1滴のお水も飲めないで逝った兵士を
偲んで、お水を赤い丸い石にあげます。少し離れて見ると「日の丸」

平和慰霊祭のあと、家族で昇殿参拝。そのとき、英霊に向けて姪っ子二人と私
の3人でバイオリン3重奏で「海ゆかば」を奉納演奏しました。
演奏を終えて振り返ると、ギャラリーが増えていて、アンコールの声。静岡放送
の取材も入り、神主様に許可を得て、撮影用とアンコールにお応えして、
もう1回「海ゆかば」。感動で涙が出てきました、と声を掛けてくださるご婦人や
演奏のとき一緒に口ずさむ方やら。。。英霊と一緒に喜んでくださいました。

早朝からの車移動で寝不足、暑い中の慰霊祭でグッタリでしたが、沼津市にある
菩提寺で、先祖供養と英霊にご挨拶。久しぶりにお墓のお掃除を、、と思ったら
草1本もなく、お寺がすっかり綺麗に維持してくださっていて感謝、感謝。
姪っ子達は、一生懸命にお水をお墓にかけて、「気持ちいい??」って話かけて
いました。
晩ご飯は、沼津漁港で地魚のにぎり、生しらす、生桜えびの軍艦巻きのセットで
至福の時を過ごしました!!
2011-8-15沼津のお寿司 う~ん、美味しかった

そして、8月16日は午前中に、菩提寺の本堂で、私と姪っ子二人の3名がバイオリンの演奏
と歌で、慰霊コンサートを約1時間。護国神社で出会った沼津市在住の方も、私たちの演奏を
聴きに暑い中を来てくださいました。
今回は、ご先祖様、英霊、そして東日本大震災の犠牲者に捧げる供養のための私たち流の
法事!?なので、主なお客様はあちらの世界の方々。ほとんど、事前告知しませんでした。
麻場家(H230816)5 コンサートの締めは「海ゆかば」
写真は、副住職様が心を込めて撮影してくださいました。
Tシャツは、下の姪(写真中央)がこの間、エディンバラ大学を
卒業したご報告をかねて、大学のロゴ入りTシャツを一斉着用。
このTシャツ、着心地が抜群に気持ちいいんです(#^.^#)

暑い、暑い夏の日。。。
でも、静岡はさわやかな風が吹いていました。

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する