最近のステージから・・・

★7月8日オルケスタ アストロリコ神戸公演より
20年前のアストロリコ・デビューコンサートでは、椅子に座って足が床につかず、
ぶ~らぶらさせていた姪が、成長してタンゴバイオリニストになってしまっただけ
でなく、新人タンゴ歌手にも・・・
この公演では、はじめてオルケスタ編成のアストロリコの前で歌いました。
直前まで、オルケスタのバイオリン奏者としても演奏していたので、喉の調整が
たいへんだったと思います。気合いで立ち向かったかな!
通常、歌手は華やかな衣装に身を包みますが、バイオリン奏者としての出番
の兼ね合いで、早変わりする時間もなく衣装はそのまま。
バイオリンを演奏しているときは邪魔になってつけられない大きめのイヤリングを
せめても歌うときにはつけて登場。第1部は「夜明け」のパフォーマンスで楽器を
持ったまま客席とステージを階段を使って動くので、パンツスタイルで。
Yuikoブログ用1 なかなかタンゴ歌手らしい顔つきになってきました。

Yuikoブログ3 第2部はドレスに着替えて、門奈さんのバンドネオンソロ
で「お聞きください、判事様」を歌いました。この曲は、一番最初に門奈さんがYuikoに、と
選んでくださった曲であり、今やYuikoの十八番となっています。


Yuikoブログ用2
↑アンコールの「ラ・クンパルシータ」は、後ろの壇から降りてきて、有名な
部分をひと節歌い、すぐに元の位置に戻ってバイオリン奏者としてオルケスタ
に合流したころには、ダンスカップルの亮&葉月が出てきて、最後の一番
華やかな部分、バリアシオンへ。そのときにはバンドネオン陣営も立ち上がり
2012-7-8神戸2片足をあげたスタイルで演奏し、最高潮に


★7月15日京都文化博物館 祇園祭ミュージアムコンサートより
本当は、アストロリコ・レディース「タンゴ・アルコイリス」全員で出演したかった
のですが、生憎スケジュールがうまく調整できず、この日はトリオでの出演に
なりました。7月8日の歌手ステージの勢いそのままに、Yuiko がたっぷり
7曲ほど歌いまくりました

文化博物館3  文化博物館2

いつも、京都文化博物館のT氏には、お世話になりっぱなし。この日も汗をかき
ながら、ステージ作りをしてくださいました。感謝感謝

この顔ぶれで8月29日(水)にも神戸市JR三宮駅近くの「サロン・ド・あいり」
ライブをします。この日は、親友故大浦みずきさんと私のお誕生日でもあるので
門奈さんが大浦さんのためにアレンジした曲をYuiko が心を込めて歌って
くれる予定です。Yuiko は、子供の頃、当時宝塚歌劇団で演奏していた私
の関係で、何度もスター「大浦みずき」のステージを見ています。
ぜひ、いらしてください。(要予約)
詳細は、↓のスケジュールをご確認ください。
★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する