大隈重信も会議したお部屋!

9月28日(土)Tangotam「タンゴ・抱擁」
(東北復興支援コンサート)

京都府庁当日2 「京都府庁旧本館 正庁」の部屋

このお部屋では大隈重信が会議し、来日したガガーリンは、写真の
カーテンの向こうにあるベランダに出て、京都市民に手を振った、
そんな由緒あるお部屋でのコンサート。たくさんのお客様に恵まれ
終了しました。
ご来聴の皆様、当日ボランティアスタッフとして汗をかいてくださ
った皆様、ありがとうございます。心よりお御礼申し上げます。

あえて、「無事に」終了と書かなかったのは、、、
ちょっとしたハプニングがあったからです。演奏の当事者しかわか
ないハプニングですが、なかなかスリル満点のハプニング。

第2部が始まった途端、門奈さんのバンドネオンのベルトが切れる
寸前になっていることが判明。切れてしまうと修理に時間がかかり
コンサートの終了時間も決まっているので、延長できない事情もあり
門奈さんは、切れないように親指で重たい楽器を支えながら、演奏
していたそうです。
一緒に演奏していて、「ん?なんか、今日は調子悪い?」くらいの
感じしかわからなかったのですが、門奈さんは必死だったそうで
「今日はせっかくの正庁でのコンサートなのに、悪い疲れ方した」
と、心臓に悪い思いをされていたようです。終了後の楽屋で知って
「演奏中に知ることになったら、私までドキドキしてた!」
って思いました。しかし、飛行機でいうと片車輪着陸みたいな
ものなのに、聴いている方にはわからない演奏内容って、、、
それどころか、門奈節炸裂してたし、、
やっぱり門奈さん、凄い!

この旧本館が竣工した1904年生のタンゴ「ウニオン・シビカ」も
演奏しました。
↓は、当日、来てくれた小学校のときの同級生が撮ってくれたもの
です。小学校って、、、もう、悠久の昔のように思える・・・・
京都府庁当日1

さ、10月になっちゃいました。
10月もアツアツのライブ、やりますので、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する