和歌山の護国神社での慰霊祭

帰省Uターン渋滞の具合がよくわからなかったので、明け方、家を出たら午前8時には和歌山城内にある護国神社に到着してしまった!朝の神社は気持ちよいので、さきに慰霊碑巡りをして、記念撮影など・・・

歩兵230聯隊の「魂」の碑に刻まれている行軍歴には、呉海軍墓地の「鈴谷の碑」に刻まれている行動表と重なる部分があり、我が家の軌跡を見る思いがしました。そして、となりにある碑が何と「ああ、予科練」の碑!桜に錨、それに翼が広がったマークが石に刻まれてました。慰霊祭の神官さんの中に、ここの予科練出身者の宮司さん(特殊潜航艇「海龍」の訓練中に山口県で終戦を迎えたそうです。)がいらっしゃって親父と話がはずんでいました。

さて、歩兵230聯隊関西戦友会の会長さんはデイケアサービスを受ける都合で慰霊祭に参加できず、私のことを神社に伝えておられたようで、前の方へ着席を促されました。私たち親娘は、初めてだしビジターのつもりで外野席で見守るだけの参加のつもりだったので、おとなしく隅っこに座ったのですが、各戦友会の代表の玉串奉納が順番に案内されたとき「歩兵230聯隊」は私達が立たなければ誰もいないということに気づき、前の遺族席へと促されたわけがやっと理解できた脳天気親娘。謹んで代表代行させていただきました。だいたい7割の戦友会は名前を呼んでも、出る方はおられませんでした。高齢化がすすみ、後を引き受ける人が少ない現実を見たようでした。

歩兵230聯隊は、本拠地は静岡県など東海地区出身者が多く、静岡の護国神社に行けば、もう少し詳しく大叔父のことがわかるような気がして、気がはやるのですが、和歌山の戦友会の方々が静岡へも出向かれ、碑の中には、静岡出身者の名簿も納められているということでした。なのに、なぜか大叔父の名前が見つからない・・・ん~~!?!?!靖国からの情報にはしっかり、230聯隊とあるので間違いないはずなのですが。。。

地元の議員さん方も参加されていましたが、一番声がしっかり腹から出て、内容を気合いとともに伝えたスピーチは80歳はとっくに越えられたと思う、元軍人さんのスピーチでした。
「終戦のころ、日露戦争の話を出された時『そんな大昔の話をするのは、止めてくれ』なんて言っていたのに、思い返すと昭和20年現在で日露戦争は40年昔の話。あのとき、あんなことを言った私が今、62年前の話をしようとしています」なんてしゃれっ気充分な中に、平和を祈念し国難に殉じられた仲間を慰霊する気持ち溢れた温かい心のこもったものでした。

宮司さんが祝詞っていうんでしょうか、、慰霊の言葉を独特の調子で語られる中に「南方の海で、また北の極寒の地で…」と世界中にまだ散らばっている英霊の遺骨に向けて語りかけて労をねぎらいながらの慰霊の言葉に涙が出ました。

右翼とおぼしき宣伝カーの音がちょうど慰霊祭が始まった10時頃、護国神社の前で大音量を出していて、しかも、大量発生の蝉もかなり大音量だったので、司会進行の神官さんの声がほとんど飛ばされてしまっていて私の耳にはたいへん聞き取りづらかったのですが、何故か私よりご高齢の方々はしっかり司会進行に沿って動いておられたのに驚愕!何故に聞こえる?

慰霊祭は午前中に終わり、昼食後、いよいよ、会長さん宅へ・・。この続きは、また。
スポンサーサイト
コメント

目に見えるようです。

おはようございます。
利華さんのレポート、まるで目にみえるように伝わります。父上と参拝できてよかったですね。
終戦記念日じゃないけど、市の慰霊祭(秋と春の)に何回か参列したことがあります。いつも追悼の和歌をお謡いにしてあげられる声の大きな老婦人がいらっして楽しみだったのです。でも最近なくなられたようで、それも聴けなくなりました。毅然とした、軍国の母というかんじの人でした。

僕も目に見えるようです

後編も楽しみにしております

お父様とゆっくりお話
したい気持ちです

himeno さん、 tabizoさん へ

つたないリポートを読んでくださり、ありがとうございます。慰霊祭には、両親と行ったので、玉串奉納のときは私が230聯隊の代表代行で出ましたが、遺族代表として戦死した大叔父にとっては姪にあたる私の母が奉納しました。

tabizoさん、親父と話するときは、栄養ドリンクで体力つけておいてくださいv-40
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する