大浦みずき「ブエノスタンゴ~劇場版」(東京 王子ホール)

大浦みずきさんとの共演が、今年10周年を迎えました!
宝塚歌劇団の超大物男役トップスターだった大浦さんにアルゼンチンタンゴがぴったりと直感。大浦さんは、大スターなのにアストロリコやアルゼンチンタンゴに対して、とても真摯に接してくださり、気がつくと10年のお付き合い。

大浦みずきさんと私は、お誕生日が同じ日。そして偶然にも、その頃に夏にステージをご一緒することが何度かあって、今回もお誕生日時期に「ブエノスタンゴ~劇場版」を開催。

私にまで、大浦みずきファンの方々から温かいお誕生日の祝福を頂戴しました。なんという幸せものなんでしょう!

みなさん、ありがとうございました
決して悪気はないけれど、お顔とお名前を即座にインプットすることがとっても不得意なものでして、具体的にカードやプレゼント、花束、お祝いの言葉をくださった方々のお一人お一人が、次回にお目にかかったときにわからないような予感がします。が、みなさんの愛情はしっかと受け止め、これからも大浦さんのステージ、自身の活動を誠心誠意、入魂で務めていきたいと思いますので、どうか、平にご容赦ください。そして、どうぞ、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

祝福してくださった全ての皆様に、心から御礼申し上げます。

20070905182936.jpg

↑大浦みずき事務所から頂戴したお花で出来たバースデーケーキ

20070905182923.jpg

↑同じく、大浦みずき&アストロリコの10周年メモリアルケーキ


20070905182856.jpg

↑楽屋で、プレゼントされたお花とアストロリコ&ダンサーのアルバロさん
スポンサーサイト
コメント

しあわせ

お誕生日、おめでとうございましたv-315

いやぁ!本当に、大浦さんはじめ事務所の方々、ファンの皆さまの温かいことe-266
涙が出ちゃいますよねっe-415

何のネタもないわたくしまでお花をいただきましたのよん!
どうしましょ・・・(*^.^*)
この場を借りて、心から御礼申し上げます。

ありがとうございましたv-364

ブエノスタンゴ~劇場版

先日は、素晴らしい演奏をありがとうございました。
大好きな曲が、怒涛のように演奏され
タンゴの世界に、どっぷり・・・
酔わせていただき、感動しました!
次回を楽しみにしています。

お祝いの会で、失礼にも
麻場さんと平井さんのお歳を伺って
びっくり!(今年のマイ三大びっくりの一つです)
若さの秘訣をうかがいたいですね。

Picaritaさん
お疲れ様でした!いつも、大浦さんの公演では、私たちは良い思いをさせていただいていて、本当に有難いですよね。そして、ファンの方々の愛情溢れる対応にも感激します。ひとえに大浦さんのお人柄ですね。

夢子 さん へ
応援をありがとうございます。
さて、早速ですが、ごめんなさい、年齢を恐怖の発表したと言うのに、夢子さんのお顔は覚えていないこの私めです。申し訳ございません。また、これに懲りず、声をかけてください。たしか、
「私の年齢を知ったらびっくりしますよ~~」って前置きしたのに、かなりびっくりされていた、しかも団体でリアクション。結構、そのリアクションを楽しませていただきました。期待通り、驚愕してくださってありがとうございます!

若さの秘訣ですかぁ?もし、若く見えたとしたら、それは「馬鹿さ」から来ているとお答えするしか心あたりありませんです。しかしながら、足腰や声帯、脳みそあたりは、しっかり、実年齢以上のキャリアものです。

何はともあれ、今後とも、何卒、よろしくお願い申し上げます。

いま、オルケスタ アストロリコの神奈川公演の最中でロビーのPCからでした。

演奏会に伺って

昨日はすばらしい演奏会拝聴して感激のひとときでした。
プログラムを見て、ずいぶんたくさんの曲目があるんだなぁと思ったのですが、それがあっという間に終わりました。
好きな「ブルータンゴ」も入っていました。
でも一番感激したのは「夢去りぬ」でした。
なぜかってあれは戦後すぐのころよく聞いたメロディーです。当時私は無邪気な少女時代をすごしていたわけですが、父が戦死してたった数年後のことだった・・・なんて事考えながら聞いていました。
アンコールの「ル・クンパルシータ」は最高でした。
演奏者の方のチームワークの良さとアットホームな空気が伝わってきて良かったですよ。
寡黙な父さん(門奈さん)を中心に、面倒見のいいしっかりもののおねえちゃん(利華さんのことよ)を中心に仲の良い家族のようでした。
門奈さんのお師匠さんと言う方が客席にいらしてたでしょ。演奏中、その方と門奈さんが目と目を合わせてにっこり微笑まれた風景を見逃しませんでした。
演奏者の方の生の目線など拝見できるので、私はいつも演奏会は出来るだけ前の席に座ります。
あの会場は初めてでしたが、良く行く公園のすぐ隣の駅でした。

お誕生日おくればせながらおめでとうございます。
実は、「父への手紙」に登場しますが、利華さんの誕生日は私の誕生する予定日(実際は5日遅れの9月3日)
だったんですよ。
普通、自分の出産予定日はいつだったかなんて誰もしらないことですが、私の場合は父が手紙に書いてくれたことで知ってるわけなんです。

偉大な演奏家で名司会者でいらっしゃる利華さんのこと
今まで気安くお話してしまいまして申し訳ありませんでした。

最後に、黒いシックなステージ衣装をあっという間に鈴谷のTシャツに着替えて出ていらしたのにはびっくりでした。
利華さんの鈴谷への思い入れの強さを改めて認識しました。
あのTシャツを見てふと思いつき、過去に数年にわたって取っていた旧海軍関係者の新聞「海交」の一部を「鈴谷」の記事がなかったかなぁと広げて見てたところでした。

ではお元気でご活躍くださいませ。


このアルバロと一緒に撮っておられる
楽屋の写真 ホント メチャ若く写っておられる
ricaさん picarataさん 不思議だー
15くらい若く見える? でもその分男性陣がーー

さくら さん、 tabizoさん 、夢子 さん へ

さくら さん へ
はじめてお目にかかる事ができました!それも、アストロリコのコンサートにわざわざお運びいただき、さくらさんの温かいお人柄が伝わってきます。ロビーでは、慌ただしい面会となってしまいましたが、あまりにも思いが沢山有りすぎて、結果、どうでも良いような事ばかりを口走ってしまって。。。いっぱいの思いは、また改めてお伝えすることにして。。。
まずは、演奏会を楽しんでいただけたようで嬉しいです。「夢去りぬ」はこのブログで練習段階のことを2月頃にアップしていますが、「せつない」という感情がやっと私にわかった曲でもあります。今回のツアーは5カ所でコンサートしましたが、どの会場でも同じような事をお話しました。客席のみなさんが大きくうなずく動きがステージからも見えました。日本の曲に対しての試みをこれからも、心をこめて続けてみたいと思います。
偉大な演奏家かどうか、、、、私は凡人です。リーダーの門奈さんは非凡な方なのは、確かです。そして、アストロリコのメンバーは、温かくて情け深く、音楽に対して生真面目ないい仲間です。今回のツアーでも、そう思いました。
関西に戻っても、また次ぎの公演の準備があり、「ペンを剣に代えて」、なかなか落ち着いて読める環境までに至りませんが、真正面から文字に向き合えるタイミングで拝読するつもりです。その時間が、待ち遠しい気分です。お誕生日のお祝いをありがとうございます。不思議なご縁ですね。予定日が、私の誕生日と同じだったとは!http://www.geocities.jp/masa030308jp/08.htmlを拝見して、もう、涙が止まりませんでした。お父上の一言、一言がさくらさんを思う気持ちに溢れていて・・
ちなみに私の姉は9月2日です。(ニアミス!?)
また、ゆっくりご連絡します。
まずは、すべてに感謝申し上げます。


tabizo さん へ
お久しぶりですね。
ご無事に生息されているようで、何より!
「でもその分男性陣がーー」ってどういうこと?って聞かれたら私は彼らにどう答えればよいか、こっそり教えてくださいね(^。=)

夢子 さん へ
ゆめりあホールにも来てくださってありがとうございます。声をかけていただいて、よかったです。次回、お会いしたときも「夢子」って名乗ってくださいましね!
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する