タンゴ「サルードス」ライブでした!

昨日は、何年ぶりでしょうか、、、タンゴ・ガルーファのリーダー&ピアニスト「上田裕司」氏とアストロリコのボス「門奈紀生」氏、それに私が加わりトリオ編成、タンゴで皆様にご挨拶楽団「Saludos」でライブをしました。上田さんとは、アストロリコ結成と同時からのお付き合い、いつもお世話になってばかりで…。文字通り、人間が大きい(外観も中身も)上田さん率いるガルーファには、アストロリコの若手バンドネオニスタをメンバーに加えて鍛えぬいていただいております。今、ブエノスアイレスで大活躍中の奥村くんが初代、2代目が下城くん。そして、現在の3代目星野くんが「可愛がり稽古」をつけていただいて、メキメキ頼もしくなっています。そんなこんなですけど、1990年代サルードスは、四重奏(コントラバス:故村上治氏)やトリオで時々、ライブをしていました。
昨日は、来日中の女性タンゴ歌手ロサウラ・シルベストレさんを上田さんの本拠地の一つで老舗「サントロペー」(京都・祇園)にお招きしてのアッツアツのタンゴライブでした。サントロペーに素敵なベネツィアのマスクがあったんですが、いざ、写真を撮るとなると、目の部分がむっちゃ怖い感じに・・・。あはは。
8-29-1.jpg  8-29-2.jpg

本番中は、バイオリンを演奏していて両手が塞がっているので、写真無し(^_^;)
リハーサル風景のみで失礼いたしますm(_ _ )m
8-29-3.jpg  8-29-4.jpg  8-29-5.jpg

早いうちに満席御礼!ほんまに感謝感謝です。
昨日のお客様は通が多く、「ノスタルヒアス」なんかスペイン語歌詞、覚えるのたいへんだろうに、ロサウラさんと一緒にお口が歌詞を追って動いているから、ビックリ仰天です。すごい!そんなお客様に囲まれて、ヤンヤの声援とともに大盛り上がりのライブでした。高橋京子さんの歌の一つに「祖国に帰りたくても帰れない英霊を思って」の歌は、戦死した大叔父達を思いながら心を込めて伴奏演奏させていただきました。

そして、いつもならがら献身的にミュージシャンを大事にしてくださるサントロペーのママ、スタッフの皆様、本当にお世話になりありがとうございました!
8-29-6.jpg
↑、わざわざ、私達のためにお店から離れて居場所を作ってくださいました。
仮死状態で休憩中でございます。


昨日は突然、猛烈に降ったという雨、たまたま、すべてに室内にいて濡れずにすみ、これもラッキー。雨女、嵐を呼ぶ女の故大浦みずき女王様と手下の私め、自分達は濡れないという裏技か?
打ち上げもご相伴にあずかり、祇園の8席で満席というカウンターだけの和食店「祇園 はせがわ」へ。和食の心意気を目の当たりにしました。ここでも美味しいは、「美しい味と書きます」がぴったり。気さくな大将で、楽しいひとときでした!
ご馳走さまでした。(^人^)


★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する