6年経って曜日まで同じ今日は心が痛い・・・

我が永遠の女神であり英雄、そして戦友
「大浦みずき」を偲んで・・・


また、今日が来ました。6年目となると曜日まで同じになるので、
訃報をいただいたときのショックがフラッシュバックします。
そして、相反する気持ちに、「彼女はどこか長いツアーに出ている」
そんな気分も未だに消えないでいます。

夕べ、アルバムを見てみました。
こんな写真がありました。「Che Tango」公演に、アルゼンチンタンゴダンサー
で一時代を一世風靡した世界的に有名な「ロベルト&バニーナ」のバニーナさん
とのスリーショット。来日中のバニーナさんが客席にいるのがすぐにわかったのを
よく覚えています。何せ、アルゼンチン流に「ブラボー」の声を出すわ、出すわ!
演技中でも客席で彼女が大喜びしているのが、本当によく見えました。

しかし、私め、まだ若かったというか、パンパンに膨らんでいてシワの
入るスキもないというか・・・

20151114011206a7a.jpeg Che Tango Che を歌っている最中と思われます。
彼女はステージでいつも、こうやって一人一人を慈しんで見回してくれました。
普段はシャイな方なので、アストロリコの男性メンバーには、こんな時でも
少し遠慮がちだったようです。
門奈さんもシャイなので、お二人が目を合わしたときが一番、身内受けする
場面!お互いに視線を少々そらしていまう、その心理状態が手に取るように
わかって、なんと初々しいこと!(いい歳して・・なんて楽屋話)

ですが、最期のステージ「バーモス・ニーナ」のときは違っていました。
しっかり、ゆっくり、名残惜しそうに見つめた彼女はわかっていたのかも
しれません。この世で一緒にステージに乗っている時間がカウントダウンに
入ったことを。。。

大浦さんとは、今も一緒にステージに上がっています。
先日のTV収録でも一緒でした。彼女から受け継いだ衣装とリング。
藤岡氏と記念撮影1
門奈さんが倒れたとき、彼女はニューヨークから私にメールをください
ました。「門奈さんは絶対、大丈夫!」と予言するかのように、、
予言は当たりましたが、まさかその貴女が先に逝っちゃうなんて
反則や!


17年近く前、Che Tango という素晴らしいステージのカーテンコールでの素敵な笑顔の二人
20151114011207661.jpeg この日も視線をそらしながら・・・
大浦さんは、父上様&門奈さんと一緒だったからこそ未知の世界
タンゴに挑戦してくださったのだと思います。

大浦さん、、、私の話に真剣に耳を傾けてくれて、ありがとう





★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する