大浦みずき と タンゴ

大浦みずき 紹介

昨日、大浦さんの命日にあたり、いろいろなところで思い出話題
が出たときに、ふと気が付いたこと。
私が思っている以上に、宝塚のスター時代をリアルタイムでは知らない方、
アストロリコとタンゴのハードなタンゴステージを生でご覧になっていない方、
なのに、「大浦みずき愛」が長年のファンの方と同じように、アストロリコと
同じように深い方がたくさんおいでになるんだなぁ~ということがわかりました。

やっぱり女神「大浦みずき」の魅力ですね。
世界最大級のタンゴサイト 「10 TANGO」さんの日本語ページに
アストロリコのインタビューや紹介をしていただき、次ぎは「大浦さんに」と
記者さんが思っておられた矢先に亡くなられたので、メモリアルとして
特設ページを作ってくださいました。

大浦さんといえば、「ベルサイユのばら」のフェルゼンですが、私個人的
には、他の組とトップスターさんが色々と組み合わせで、アンドレやオスカル
などの役がバラエティーに富んだときの「アンドレ」役の大浦みずきが発する
深刻なシーンの「愛している!」の力強い男台詞に「惚れてまうやろ~」と
ハートをぶち抜かれながらオーケストラボックスでキュンキュンしてました。

このサイトでは、そんなタカラヅカ時代の情報ではなく、あくまでも
女優「大浦みずき」とタンゴ、アストロリコとの関わりを詳しく紹介して
くださっています。この中に、最期のステージ「バーモス・ニーナ」の
映像を見ることもできます。このとき、彼女の肺には何リットルもの
水が溜まっていたことが、千秋楽後でわかったのでした。
魂のステージです。ぜひ、彼女を偲んでください。

大浦みずき 10 Tango



★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する