セクシーで高貴、気品ある演奏!



昨夜のファンタジア、ライブ。
アストロリコの演奏を心から楽しみにしてくださっていたお客様が
集まってくださっていました。ありがとうございます。
そして、昨日、初めて来られた方、門奈さんの演奏する「忘却」で
溢れる涙が止まらず、、休憩時間まで、泣いておられました。
感動してくださって感謝!

昨日は、偶然とは思いますが突然、フィリピンのジャーナリストがご来店。
そして、もの凄い握力(汗)で握手しながら、
「あなたのバイオリンはとてもセクシーだ!
と連呼してくださいました。
セクシーそんなこと、言われたことないや。
あ、でも私じゃなくて、演奏のことでした(^_^;)

そういえば、以前も私が演奏するジェラシーが一番好きだと、女性の方から
告白されたことがあります。
ずっと昔から聴いてくださっていて、「今更なんですが、告白しますけど、、、」と
何年越しかの告白。
高貴な女性が嫉妬に狂いながらも、ハッと我に返って自分を恥じ入る気品さ、、
私が鬼の形相で演奏しているジェラシーを聴きながら、源氏物語「六条御息所」の
シーンを脳裏で再現されているそうです。
この絶対条件は、あくまでも気品ある高貴な女性の生き霊だそうで、、、
凄い物語を描きながら、演奏を聴いておられたのだと、プレイヤー冥利に尽きます。

高貴、気品、セクシー、、、すべて私の実体とは、かけ離れていますが、
嬉しいお言葉、有り難く「いっただきま~す」。

写真は、いつもの風景とありのままの私、頭部の一部分(笑)


★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する