すかっと天晴れ、五月晴れ!

  201605121115151d8.jpeg

たびたび、通る出雲路橋から、上流「上賀茂」方向の眺め(写真右)と
下流「葵橋」方向(写真左)、今朝の賀茂川風景です。
すか~~っと晴れて、文字通り 天晴れ、日本晴れ

日常のちっぽけなオダオダ感に捕らわれている自分が、
アホらしくなってきます。あ、妙な表現ですが、最近、私の語彙の中で
ブームなんですよね。
同じミュージシャン仲間の方が、「え!オダオダって言わない!?」と
普段使っているこの比喩が全国ネットと長年思いこんでおられて、
びっくりされてましたが、、、これが結構ヒットする表現で使い勝手が良い!
つまりは、、、水に浮いている腐敗したような感じの物体とか、
「なんか、オダオダが浮いてる」とかそんな感じで使うんだそうです。

もう一つ、最近、頻繁に使っているのが、「モッコとしている」って表現。
賀茂川の河川敷の並木も先日からの雨で、緑がモッコとしている。
つまり、ブゥワ~~っと茂っている、という感じの表現。
これも、とっても出番が多い言葉。便利ぃ~。
これは、門奈さんから仕入れた語彙、門奈さん自身が使っておられる
というよりも門奈さんのご家族からの伝承ですけど
いただきました

そうそう、門奈さんと言えば、、久しぶりに5年前にインタビューしていただいた
10 Tangoさんの記事を改めて読み返しました。記者さんの有能ぶりが
際だつ、素晴らしい内容だなぁって改めて感動したのであります。
10 Tango 門奈さんインタビュー記事

さて、いよいよ明日になりましたが、そのモッコとしたお髭までカッコイイ
門奈さんとの小編成ライブ。かなり各人の負担は大きいですが、それだけに
音を出している時間の緊密さと緊張感ときたら、クゥ~~
風呂上がりのビール、最初の一口のように、たっまりません
といっても、私は下戸ですけど、きっとそんな感じですね。
本日も、こもって睨み合いのお稽古です 

2016-5-13-Tangam Trio  予告しちゃっていいんかなぁ、、、、
明日は、何と!
コントラバス後藤雅史とバイオリン麻場利華の愛の二重奏!?
いや、1対1の対決もあります。
この対決は、お互いに敬愛の念により対決するものであり、とても
美しい二重奏となることでしょう。それなら「愛の・・」なんですが、
演奏しているときは「あっま~~~い」なんて言ってられない

すいふと5-16  もう25年前からのコンビネーションですが、
私自身は未だに門奈さんの本番中に起こる憑依現象は新鮮でドキドキして
いるのですが、デビューしたときリスナーの方には、
「麻場さんは門奈さんの憑依を事前にわかるのですか?門奈節に息ぴったりに
自然に絡み合って凄い」と言っていただき、嬉しい限り。
確かにドキドキしながらの一体感は心地よいです。

タンゴ草創期の雰囲気、ぜひ、お楽しみくださいませ

★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する