今年の自由時間アルバム

プライベート(自由時間)の写真から

9月23日 広島県呉市で開催された「海軍墓地合同慰霊祭」で。
この日は、普段静かな呉海軍墓地(現:長迫公園)の慰霊碑にそれぞれの戦友会の方々が集まり、半旗を掲揚してとても賑やかになる。↓写真は、我が「軍艦鈴谷の碑」の階段を登る私の後ろ姿が・・・戦友会の方々は、みなさん高齢になられて、年々参加者が減少している。鈴谷の会長さん(90歳)からは、自身の凄まじい生還の物語、そして戦友との別れの物語を聴く貴重な体験ができた。慰霊碑を建立する資金は、生還した人達だけで集め、遺族からの寄付金は全員に返却された。遺族から頂戴するわけにはいかない、我々生還した者が亡き戦友に捧げるもの、という。
「命のある限りお世話をさせていただきます」
とは、鈴谷の会長さんが、訪問者ノートに記帳された言葉。
秋分の日「呉海軍墓地合同慰霊祭」

同慰霊祭での式典の様子。海上自衛隊から儀仗隊が出て礼砲を打つ。写真は、国旗軍艦旗掲揚のシーン。
呉海軍墓地合同慰霊祭 国旗軍艦旗掲揚

ちゃんとした模様は↓のページでご覧ください。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/kurekbk/

10月7日 私が参加できずに後悔した和歌山の護国神社での慰霊祭。歩兵230聯隊関西戦友会の会長(95歳)と宮司さん二人だけで開催。二人だけの慰霊祭だが、内容は前述の海軍墓地の合同慰霊祭と同じ。要するに、自分と英霊との対話であって規模の大きさとは無関係であることを思い知らされた。この会長さんも「命のある限り、自分一人になっても続ける」とおっしゃっていた。上の写真は、会長さんが私に以前送ってきてくださった慰霊碑の写真。写真が小さいので、これだけ大きくしました。びっくり!
230聯隊慰霊碑「魂」での関西戦友会慰霊祭
11月のある晴れた日。紅葉の鴨川を出雲路橋の上から北を見る。ここの風景が好き。四季折々、こんなに表情を楽しめるなんて。。。河川敷などは現代的になってしまっているけど、基本的な山並みや川の流れは千年の昔からこんな風だったんだろうなぁ・・
紅葉の鴨川(出雲路橋上から北を見ながら)

同じく、出雲路橋の上から南を向いて見る。お盆の風物詩、大文字の送り火で有名な大文字山が目の前。この前、この橋の上を歩いていたら、目の前をユリカモメが、白鷺が、鴨が、トビが飛んでいる。凄く近いので、羽根の細かいところまで見えるくらい。ユリカモメとは目があった!そこに、至近距離でトビが通過したかと思ったら、カラスがトビに襲いかかった!「え!逆でしょ・・」と思っていたら、カラスが必死にトビを威嚇し続けている。きっと、近くに「七つの子」がいる巣があったんだろうなぁ。。。
紅葉の鴨川(出雲路橋上から南を見ながら)
スポンサーサイト
コメント

なみだ、でそう。

「二人日和」を思い出す川の景色です。とてもこころにしみる、なつかしい景色です。いつまでもいつまでも、このままの京都であってほしい・・。あこがれです。
それと、魂と大きく刻まれた慰霊碑に胸をゆさぶられました。ただ一字で、熱く伝わるものがあります。
りかさん、ありがとうございます。

ひめの さん へ

「二人日和」今日から、京都でアンコール上映が始まりました。同じ監督作品で最新作「小津の秋」のロードショーに合わせてアンコールなんだそうです。

「魂」の人文字で、全てを語っていますよね。写真では、会長さんは立っておられますが、足がお悪いので本来は誰かが支えていなくては立っていられないんです。それだけに、一人で立って奏上されている姿に余計感銘を受けます。
年末年始のお休みを使って静岡の護国神社に参拝する予定です。大叔父の記録、静岡護国神社にありました!2年前に戦友会は高齢のため解散されたそうで、もっと早くに知っておけばと悔やまれます。会としては解散されたようですが、何方かご存命なようなので、また尋ねる努力をします。
いつも、心にとめていただき、ありがとうございます。

靖国神社へ行ってまいりました。

利華さん。ゆうしゅうかんへやっといけました。ついでに靖国神社のすぐ前の昭和館へも行きました。りかさんところのまさよしさんを探そうとおもいましたが、わかりませんでした。わがやの正義さんも遺影を奉納しておまつりしてもらいたいなあと思っています。
さくらさんのお父上のお写真をみていると、目の輝きが、まるで兵士のようではない。うちの正義さんの写真をみていますと、瞳のなかに憂愁がみてとれ、こちらもかなしくなるのです。写真は正直ですよね。では、おげんきで。いつかいっしょに連句をしましょうね。

姫野 さん へ

わがやの「まさよし」さんをお探しくださり、恐縮です。探してくれる方が身内以外にいるって、彼は幸せですね。わがやの「まさよし」さんは、もう一人の身内の「しゅんすけ」さんと続いて、最後のお部屋にいます。
またの機会に会ってあげてください。
私は、まだ、さくらさんのお父上にご挨拶できていません。改めて、伺うつもりではおります。
ぜひ、正義様のお写真も奉納してあげてください。「生きた証」を伝えるためにも。。
今から、京都でのライブにでかけてきま~~す。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する