タンゴ好き放題・ブエノスアイレスから3名加わり番外編

9月3日(土)「タンゴ好き放題・番外編」

ブエノスアイレスから門奈さんのお弟子さんの中で、小松亮太さんの次ぎに世界に
飛び出した筆頭株、奥村友紀さんが久しぶりに帰国して出演してくれました。
ブエノスアイレスから一緒に来日してくれたのは、コントラバス奏者のヘルナン・マイサさん
とバイオリン奏者の中村樹里さん。

アストロリコから出向というスタイルでタンゴ・ガルーファさんの一代目バンドネオン奏者
として奥村くんがお世話になったということもあり、ガルーファのピアニストでリーダー
の上田さんが「タンゴ好き放題・番外編」と称して、関係者全員で楽しくコンサート。
3組が入り乱れてのコンサートはたいへん温かく愛情に溢れたひとときでした。

9.jpg 10.jpg 14.jpg

久しぶりに会って、マシンガントークが止まらない師弟達。
素晴らしいコントラバス奏者のヘルナンさんは、ピアノとの二重奏を披露。
(写真はリハ)
アストロリコの若手で、ガルーファの三代目バンドネオン奏者となる星野さんや
アストロリコのコントラバス奏者の後藤さんもリハのサポートしてくれてます。
アストロリコのチームは、コントラバス奏者2名、バイオリン奏者も2名(私と
尊敬する木村直子さん)で参加して、組合せを変えながら、、という趣向。

13.jpg  111.jpg
 ←ご挨拶に全員で演奏したあとは
私とガルーファのバイオリン奏者で大学の同級生でもある村田さん、二人ジャンケン!
これは上田さんの差し金!

11.jpg 3.jpg  ←ブエノスアイレスの3名もアストロリコチームに加わるシーンも。

12.jpg  24.jpg ←また、ガルーファチームにもブエノスアイレスの3名が加わりました。ダンサーの亮&葉月さん、歌手の高橋京子さんも参加。

4.jpg  5.jpg  

フィナーレは全員参加(コントラバスだけは4名で3本の楽器を交替で)は「ラ・ジュンバ」。
弟子の二人が、師匠門奈さんの動きに同調しようとシッカと見つめています。
私が笑っているのは、ラ・クンパルシータの全員のソロを回すシーン。打ち合わせ無しに
突然、音を小さくすると、門奈さんが率先して身をかがめる、それに呼応して全員が
縮まって、私の音量にバランスを取って演奏!なんとも愛が溢れる光景

15.jpg  6.jpg 

真地面に演奏するバンドネオンの背後で、バイオリンの自称ギャル達が不穏な様子。
この後、バイオリンチームだけが演奏しながら歩いて客席サービスに行かなければ
いけないのに、ソロ回しの人数が多くてわからなくなり、村田さんと確認したり、
陣頭指揮する上田さんの合図を見たり。。。。

21.jpg  22.jpg  23.jpg


7.jpg 8.jpg  112.jpg

みんなの笑顔が、楽しさの現れ!
お客様にもたいへん喜んでいただけましたが、一番楽しかったのは申し訳
ありませんが、演奏している当事者だったかもしれません。

ご協力してくださった会場の「里夢」さん、企画運営してくださった上田さん、
ありがとうございました
そして、応援し続けてくださっているお客様に感謝いたします



★Ricaライブ情報はここをクリックしてください★ 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する