1月29日 ガルーファ&アストロリコ タンゴ好き放題Vol.5

レポートが遅くなりましたが・・・
1月29日に開催されたタンゴ・ガルーファとアストロリコのジョイントコンサートは、お互いに好きにタンゴを楽しもう、というような意味を込めて「タンゴ好き放題」と題して5回目です。
アストロリコの若手バンドネオン奏者でガルーファさんのところでも修行させてもらっている奥村友紀くんが、いよいよこの春から本格的にアルゼンチンへ長期留学に出るので、その前に師弟対決!?のコンサートを…というガルーファのリーダーでピアニストの上田裕司さんが粋な計らいをしてくださった企画となりました。
ガルーファさんのオンステージのあと、アストロリコのオンステージ。そして、フィナーレは両楽団による合同演奏で歌手とダンサーも加えて、趣向も盛り沢山でした。その中でも、当日客席においでくださった方々からは、いまだに「あのシーンが抱腹絶倒!」と言われる場面から写真をアップします。
この場面以外は、極々まじめに粛々とコンサートは進みました!?
節分も近いという理由からか・・・少しリラックスしていただくタイム、そして旅立つ奥村くんへのエールの場面とでもいうか。
「赤鬼と青鬼のタンゴ」が登場!
上田さんが青鬼に、、、そして、奥村くんが赤鬼に、、、その他のメンバーは、モジャモジャのカラーカツラをかぶったり、バイオリンの二人(うち一人は私)は山のウサギ役でバニーちゃんになったり。ガルーファさんのコントラバス奏者とアストロリコのリーダーの門奈さんは鬼の角を頭につけて・・・上田さんが小道具を渡しただけで、あとは、関西メンバーの集合体だけあって台本無し、本番アドリブで鬼二人はダンスするわ、後ろでくしゃみをするわ・・・
他に巨漢の上田さんとその半分以下の身体に見えるアストロリコのピアニスト平井さんが一つのピアノの前に座って爆笑連弾シーンも。最後には、上田さんの大きな一発で平井さんが飛び上がったり、、、

それにしても、鬼役をした二人ったら、本当にあの衣装でよくやったと思います。エライ!

赤鬼と青鬼 全体ステージ 切り抜き


バニー 切り抜き

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する